Leica Summilux-M 50mm f1.4

今度はSummilux 50mm F1.4 を考え直してみる

ズミクロンを押した直後に恐縮だが^_^、先日のJLUGの集まりで先輩方のレンズを触らせて頂いた勢いで、久しぶりにズミルックス50を購入してしまった。初代と現行第4世代を経て、今回は第2世代を選んだ。そして悟った。やっぱズミルックス50はむちゃくちゃ面白い! 2ndを選んだと言っても、元々は1st狙いでお店に在庫が2ndしか無かっただけだが、これも一期一会。使った事の無いレンズの方が新鮮な発見がある。 実は最後まで迷ったのは、身の程も知らずNoctilux 75mm F1.25。昔とても気に入っていたBMW318ti Sports認定中古車も確か同じ様な価格だった。もうどうにでもなれ!と24回払いの覚悟はあったのだがw、間違って妻を連れていったのが運の尽き^_^。無言のプレッシャーの前におとなしくズミルックスに即決させて頂いた。 ボストンより。Leica M9-P, Summilux-M F1.4/50mm 2nd  (ƒ/1.4, 1/30, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. 以前の記事では、愛用していたズミルックスを2ndと呼んでいたのは、180万台以降の初代は外見は1stながら、内部のレンズ構成が変わって2ndと同じになったとの事で、どっちで呼んでよいかよく分からない。以前のルクスは200万台、今回のは240万台だ。今回のモデルはカナダ製かと思いきや、今確認してみるとMade In Germanyと書いてある。 鏡筒の作りは初代の美しさには敵わないが、描写としては初代から様々な改良がある様で、開放から意外なほどシャープネスが高い事に驚かされた。 ハーバード大学内に、どういう訳かビーチバレーボール場が^_^ Leica M9-P, Summilux-M F1.4/50mm 2nd  (ƒ/1.4, 1/750, ISO…

ズミクロン(Summicron 50mm/f2)を考え直してみる

Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/4000, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. APO-SUMMICRON-M F2/50mm ASPH.登場以降、なんとなくその廉価版的な存在になりつつあるノーマル・ズミクロン50が、今どんな意義があるのか再考してみる。ちなみにアポ50が価格コムで現在99万円、ノンアポが30万と3倍以上の価格差がある。 最も信頼する50mmは何かと問われて、ズミクロンの名前を挙げる写真家は少なくない。まさに世界のリファレンスと言うべき歴史を持っているし、僕がライカの世界に辿り着いたきっかけは、まさしくズミクロン50だった。 明瞭度を下げてちょっと柔らかくするのがマイブーム^_^。Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/250, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. だいぶ以前に、ベストな標準レンズはどれだ!という探究心に火がついた。Sony α7を使っていた頃だ。何かをやり始めると思い切りハマる体質だった僕は、自由時間の99.9%を費やし、毎日様々な50mmレンズの作例をFlickrで見まくり、自分でも買いまくり、売りまくっていた。その当時の僕はZeissファンだったので、ビンテージからコンタックス、コシナ製まで、結構いろいろ試した。他の日本ブランドもいくつか試した。当時、高解像度で話題をさらっていた新生Sigmaシリーズなんかも一時期手元にあった。その多くは売ったり、壊したり、人にあげたりした。 今日は昔のα7時代の写真をいろいろ引っ張り出してみた。Carl Zeiss Planar T*…

貴方は何のために写真を撮るのか

真夜中の千鳥ヶ淵。6秒も開いたのに花びらが解像するほど、無風だった。Leica S-E + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/5.6, 6s, ISO 200) ©2018 Saw Ichiro. 「何のために写真を撮るのか?」 「何を撮りたいのか?」 貴方はこの問いに、なんと答えるだろうか。 今日は僕にとって、また写真愛好家にとってとても大事な事を教わったので、是非ともここで共有したい。 開口一番、友人に冒頭の質問を問われ、僕が言葉に詰まっていると、彼はこう続けた。 「イチローさんは、他の人が持っていないモノを持っている人だと思います。でも、普通の人が当たり前に持っているモノが、ゴッソリ欠落しているんですよ。」 Leica S-E + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/2.5,…

ライカ病

Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/2.0, 1/2000, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro. クリアで写実的な美しさを求めてM10を手に入れると、また油絵的なアート性を求めてM9が気になって仕方がない。中判カメラの様な立体感を求めてノクチルックスの作例を探し回り、最高峰の解像度を求めてアポズミクロン50のローンのシミュレーションする。気がつけば、毎日なんとなくライカの事を考え、ライカのヤフオクを見て、ライカの作例を眺めている。これを、ライカ病と呼ぶ。 これに抗う方法は一つしかない。しばらく、我慢する。 数ヶ月経つと、好奇心の矛先が少しそれる。我慢しているうちに、買う寸前まで行ったアポズミクロンを留まる事が出来たし、多分もう少し我慢するとノクチルックスに130万円投資する危険を回避する事が出来る。もちろん正気の沙汰では無いことくらいは分かってるが、ノクチにしか撮れない世界が、そこにはある。 Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/60, ISO 500) ©2017 Saw…