2020年4月17日 ichiro

Leica vs Hasselblad

Jump!撮影場所は、家のベランダ(^^) X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/8.0, 1/1000, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro.

自粛規制であまり外出もしにくいので、仕事に飽きては近所でちょっとだけカメラで遊ぶ日々が続いている。セッティングが面倒でなかなかトライ出来なかった、X1D IIのストロボ撮影をやってみた(^^)

Hasselbladのレンズ・シャッターの美点は、ストロボに全速同調出来る事だ。でもこの時はなぜか1/1000sまで同調出来ると勘違いしていて、それ以上は試さなかった。激しい動きでは、拡大すると1/1000ではややブレが確認出来る。これ以上速いとストロボ側の制限もあるかもしれないが、今度実験してみる。

それでもISO100、f8.0で1/1000sで光量にまだ余裕がある400Wのパワーが初めて有り難いと思った(^^) 僕が使っているのはGodox QS-400という安物だが、必要にして十分。現在は新型がさらに安く登場していて、コスパは最強ではないかと思う。

でもGodoxライトは重量級なので、それなりの足が必要だ。普通の軽くて小さいライトスタンドではグラグラして危険だ。
こんなのとか、、

これでもとりあえず安全に立てる事が出来る。デカイけど。

X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/8.0, 1/125, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro.

ライカと同様、X1DIIもNikonのホットシュー・アダプターでストロボが問題なく使用出来る。それほど普段からストロボを常用する訳では無いし、リモートの必要も今の所ないので、シンプルにこれを使ってワイヤードで繋いでみた。

ちなみに下は同じ部屋でLeica M10で撮ったもの。こちらはNissinのクリップオンストロボだったかもしれない。

もう3年以上経っていてびっくり。Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/8.0, 1/125, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro.

細かい点はいろいろあるが、M10からわざわざX1D IIに買い換える必要はあったかな、、、w

X1D IIと比べるなら、本来ならばLeica Sと比較するべきとも思うが、あちらは定価240万円の超高級品だ。X1D IIの価格帯は実はMよりずっと安くLeica Q2と同等だったりする(Qはレンズ付きだが)。X1D II プラスレンズ一個で、M10のボディが買えるくらいだ。Mは、よく考えたら高いなあw。

ユーザー視点からすればX1DとLeica Mの選択になる方が一般的と思う。

イチロー。汚い顔出し失礼(^^)自撮りではなく、娘が撮ってくれた。X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/8.0, 1/125, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro.

スタジオ・フォト的な写真は、ハッセルの得意分野と言っていい。周囲の明るさに関係なくAF補助光でピントも手軽に合うし、Live View>Exposure Simulationをオフにしておく事で、ストロボ照射前の暗がりでも適正露出で構図を確認出来るのは、Mでは決して出来ない芸当だ。(一眼レフなら当たり前か^^)

三脚固定でもAFポイントを背面液晶タッチで自由に設定出来るのも超便利だし、テザリングも一般的なUSB-Cをつなぐだけで、とてもスムーズ。MacBook Proの電源ケーブルでもテザリングが可能だ(^^)

ハッセルの高解像レンズ群も活きてきて、いくらクロップしてもどこまでもシャープ。ライカの2400万画素ではそうは行かない。これは白黒にしてしまったが、肌の色もいつも非常にナチュラルで素晴らしい。

X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/3.2, 1/125, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro.

ほとんどのハッセルXシリーズのレンズも、Leica M型レンズよりもリーズナブルだ。レンズシャッターを内蔵している点を考慮すると、実際レンズ自体はライカよりずっと低価格で作られていると言える。

それでもハッセルの場合はレンズに40万円近く支払うのが、何か損をしている気分に陥るのは何故だろうw

単に僕が深刻なライカ病だったからかもしれないが、ライカレンズはそれがいくらのプライスが付こうとも、それ以上の価値をいつも感じていたし、中古市場もいつも賑わっている。

それは製作者達の強い情熱、信念がオーラの様にLeica製品に感じられるからだと思う。

X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/3.2, 1/180, ISO 200) ©2020 Saw Ichiro.

別にハッセルに情熱が無いとは言わないが、OEMで他社に作らせている限り、それ以上は普通は望めない。ハッセルレンズは日本製なだけあってとても優秀。でもぶっちゃけ、普通。ズミクロン最高!ズミルックス超好き!みたいな、レンズの個性は無味無臭。

レンズはこうあるべきなんだよ!ほら、こうするともっとユニークだろ!?と強力に牽引してくれる、優秀な独裁的リーダーが居ても良いと思った。

一応ちゃんと書いておくべきなのは、僕はLeica Sなどでシャープな絵は見慣れてしまっていて、解像度自体、僕の中では完全に興味の対象外になっている。もしかしたらこのシャープネスだけでもっと褒めてあげるべきモノかもしれないが、正直、もはやよくわからない。

とにかく何もどこも尖ってないので、逆にフィルターで遊んでみたり、そういう方向に行きやすいかも。今度ここで紹介するが、米国アマゾンでとあるフィルターを注文している。パンデミックのお陰で時間がかかっているが、到着が楽しみだ。

昼間はNDフィルターを入れている。X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/3.2, 1/80, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro.

とりとめもなく、部屋の中やその辺のモノばかりテキトーに撮っているが、なんとなくX1DIIの描写がまあこんな感じかと、何かの参考になれば嬉しいです。

ファンキーなバイクが停まっていたので撮らせて頂いた。こういうモノは35mm判よりデカイセンサーで撮る方がカッコよく見える。

X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/3.2, 1/40, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro.

僕の場合、感覚的にLeicaはいつも周辺減光させたくなったり、暗くしたくなるのだが、Hasselbladは逆にいつも明るくしたくなるのは何故だろう。単に僕の気分の問題か。

ホワイトバランスは、Phocusを使っている限りX1DIIはとても優秀だ。分離もいいし、濃度を上げなくても十分ビビッドだ。

M10に限らず、Leica M型でLightroomで自然で鮮やかな色味を出そうと思ったら、カラーチェッカーが必要な場面が多かった。Capture OneもM型のカラープロファイルは総じて渋めだった。

撮るだけでエディットしたくない人は、X1Dの方が楽かも。いやX1Dは逆にコントラストがいつも浅めなので、そのままでは地味に見えると思う。ここに載せている写真は、いずれも露出とコントラストをちょっと触っている。

誰もいない若宮大路。X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/11, 2m8s, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro.

なんだか仕事続きで夜中に急に遊びたくなって(^^)、深夜に鎌倉までドライブした。葉山からは20分くらいだ。でも三脚を忘れた(笑)バッグに忍ばせているミニ三脚のお陰で一応撮れたが、全部地面スレスレだ。

背面液晶はチルトしないので、その判断は正しかったと僕は思っているが、深夜にオヤジが這いつくばっている姿は不審者そのものだ。w

f11まで絞って2分間も開いたが、人っ子一人居なかった(^^)

鶴岡八幡宮。太古の昔、ここに兵どもが集った。X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/4.8, 1m31s, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro.

こういう写真ならレンズのキャラとかあんま関係無いし、ライカでも何で撮ってもほとんど同じと思う。ちなみに人様の作例を眺める限り、X1Dユーザーのほとんどが風景かスタジオフォト、たまにマクロという感じだ。フェイスブック・グループにも入ってみたが、全然盛り上がってない(^^)。Leicaとは、ユーザーの総数が違い過ぎるのもあるだろう。

ケンコークローズアップレンズを使った。X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/3.2, 1/750, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro.

でもX1D IIでいつも困っている事は、レリーズ半押しでAEロックする、カメラの超基本的な機能が無い。なんで?いちいちAEロックボタンまで指を伸ばしていられない。こんなの簡単なプログラムで出来ると思うので、マジで改善して欲しい。

そういうちょっとした事で、イラっとする事も多いのも事実(^^)。っていうかムービーいつになったら対応するんだろう。

X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/3.2, 1/800, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro.

書いているうちにいつの間にか、どうしてもハッセルの文句が多くなってしまうが、別に悪意は無い。もちろん僕はライカの回し者でも無いしw、X1Dは基本的には使いやすいしカッコいいとは思っている。

でもやっぱ、Leica M型いいよね(笑)もちろん、中判の良さは確かにあるが、M11が出る頃にはまた我慢出来なくなりそうだ。

X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/3.2, 1/90, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro.