ichiro

View all authors posts further down below.

LEICA NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH.のテスト

ライカプロフェッショナルストア東京にて、Noctilux 75を触らせて頂いた。店内で軽く試写させて頂いただけだが、気になっていた事がいろいろ分かったので、あくまで個人の勝手な偏見と妄想と共にシェアしてみる。 Noctilux 75は高価なライカレンズ・ファミリーの中でも最高級品にあたる定価165万円というプライスが付き、重要も1055gとこちらも最も重いレンズとなる。にも関わらず、これを見なかった事に出来なくなっているのは、単にf値が明るいよね、ボケるよねとか言うずっと上位に、次の時代をリードする"何か"をこのレンズに感じずにはいられないからだ。 M9+ノクチ75の作例は世界的にも珍しいので良い機会だったが、ノクチ75の凄さが発揮される良例は撮れなかった^_^。Leica M9-P, NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH.  (ƒ/1.25, 1/60, ISO 200) ©2019 Saw Ichiro. このレンズが気になるもう一つの理由は、Leica M9だけでなくこれをHasselblad X1D IIのメインの標準レンズとして使えないか、という僕の悪巧みがあっての事だ^_^。中判のX1Dで、複数の35mm判ライカMレンズが蹴られずに使用出来る報告があちこちから上がっている。 店長の大上さん。いつも快く僕のワガママに答えて下さり、感謝の言葉しかない。ちなみにいつものズミルックスの感覚で1/60sで気楽に撮ったら、ちょっと手ブレが発生してしまっていた。Leica M9-P, NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH.  (ƒ/1.25, 1/60, ISO…

今度はSummilux 50mm F1.4 を考え直してみる

ズミクロンを押した直後に恐縮だが^_^、先日のJLUGの集まりで先輩方のレンズを触らせて頂いた勢いで、久しぶりにズミルックス50を購入してしまった。初代と現行第4世代を経て、今回は第2世代を選んだ。そして悟った。やっぱズミルックス50はむちゃくちゃ面白い! 2ndを選んだと言っても、元々は1st狙いでお店に在庫が2ndしか無かっただけだが、これも一期一会。使った事の無いレンズの方が新鮮な発見がある。 実は最後まで迷ったのは、身の程も知らずNoctilux 75mm F1.25。昔とても気に入っていたBMW318ti Sports認定中古車も確か同じ様な価格だった。もうどうにでもなれ!と24回払いの覚悟はあったのだがw、間違って妻を連れていったのが運の尽き^_^。無言のプレッシャーの前におとなしくズミルックスに即決させて頂いた。 ボストンより。Leica M9-P, Summilux-M F1.4/50mm 2nd  (ƒ/1.4, 1/30, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. 以前の記事では、愛用していたズミルックスを2ndと呼んでいたのは、180万台以降の初代は外見は1stながら、内部のレンズ構成が変わって2ndと同じになったとの事で、どっちで呼んでよいかよく分からない。以前のルクスは200万台、今回のは240万台だ。今回のモデルはカナダ製かと思いきや、今確認してみるとMade In Germanyと書いてある。 鏡筒の作りは初代の美しさには敵わないが、描写としては初代から様々な改良がある様で、開放から意外なほどシャープネスが高い事に驚かされた。 ハーバード大学内に、どういう訳かビーチバレーボール場が^_^ Leica M9-P, Summilux-M F1.4/50mm 2nd  (ƒ/1.4, 1/750, ISO…

Japan Leica User Groupの会

Leicaを愛するオジサマ達の悪ふざけの会が、最高に素敵で楽しい^_^ 僕のM9Pも総額1000万超のこのテーブルのどこかに埋まっている。この写真はグループの代表、福井さんが撮られたものを掲載させて頂いた。 岡馬さんの愛機。Leica M9-P, APO-SUMMICRON-M F2/75mm ASPH.  (ƒ/2.0, 1/60, ISO 320) ©2019 Saw Ichiro. ちなみにJLUG(Japan Leica User Group)はプライベートなフェイスブック・グループで、ライカを持っていなくてもライカに興味があれば入会出来る。しかし入会の際に届く2つ?の質問に答えて下さった方のみに入会が許可されるというルールがあり、毎日多くの方の解答が得られず許可ができないそうだ。 やはり他人同士で平和に楽しくやり取りするためには、最低限の社会人のコミュニケーション能力が求められるのは当然だ。僕も自分が傲慢になっていないか、他者に対して批判的になっていないか、よほど気をつけていないと危ない(笑) これは画家の常世さんがNoctilux F1.0でイチローを撮って下さった。ガンリキ強過ぎで笑えるが(笑)、多分慣れないレンズでピントが良く見えず、気合いで見ようとしていたのだと思われ^_^。常世さんありがとうございます! Leica M9-P, APO-SUMMICRON-M F2/75mm ASPH.  (ƒ/2.0, 1/60, ISO 1000) ©2019…

ズミクロン(Summicron 50mm/f2)を考え直してみる

Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/4000, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. APO-SUMMICRON-M F2/50mm ASPH.登場以降、なんとなくその廉価版的な存在になりつつあるノーマル・ズミクロン50が、今どんな意義があるのか再考してみる。ちなみにアポ50が価格コムで現在99万円、ノンアポが30万と3倍以上の価格差がある。 最も信頼する50mmは何かと問われて、ズミクロンの名前を挙げる写真家は少なくない。まさに世界のリファレンスと言うべき歴史を持っているし、僕がライカの世界に辿り着いたきっかけは、まさしくズミクロン50だった。 明瞭度を下げてちょっと柔らかくするのがマイブーム^_^。Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/250, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. だいぶ以前に、ベストな標準レンズはどれだ!という探究心に火がついた。Sony α7を使っていた頃だ。何かをやり始めると思い切りハマる体質だった僕は、自由時間の99.9%を費やし、毎日様々な50mmレンズの作例をFlickrで見まくり、自分でも買いまくり、売りまくっていた。その当時の僕はZeissファンだったので、ビンテージからコンタックス、コシナ製まで、結構いろいろ試した。他の日本ブランドもいくつか試した。当時、高解像度で話題をさらっていた新生Sigmaシリーズなんかも一時期手元にあった。その多くは売ったり、壊したり、人にあげたりした。 今日は昔のα7時代の写真をいろいろ引っ張り出してみた。Carl Zeiss Planar T*…

Hasselblad X1D II 50Cと907X 50Cが気になる話

907X 50C 周囲のライカユーザー達が、増税前にこぞって新しいボディやらレンズやらを新調していて、それを見ていたら自分も何かを欲しくなってしまったのが間違いの始まりだ。(笑)またマズイ所に火が点いてしまった。タイトルの通り、ハッセルの新生デジタル中判シリーズに既に片足を突っ込んでいる^_^ あれこれと調べまくり作例を探しまくっているが、どうにも情報が少ない。個人の偏見に満ちた目で、少しここにまとめてみる。 初代X1Dリリースの頃から存在は気になっていたが、特にデジタル部分での未成熟な部分が当時の僕のニーズには合わなかった。しかしバージョン2となり、まだまだ完璧では無いがその辺りが許容範囲内に入ってきた感じがする。 X1D II なんでハッセルなのか?僕の理由は極めてシンプルだ。「やっぱり中判写真が好き、でもLeica Sはデカオモ。なんだ、持ち運べるサイズのデジタル中判があるじゃないか。」 フジのGFXシリーズが最初から選択肢に入らないのは、同じ日本人として心からフジを応援したい気持ちもありつつ、僕はフジはまだだと思っている。それは失礼ながら、ブランドの成熟度がまだ発展途上にあると考えているから。堅牢なボディや全体のパフォーマンスはいかにも日本製で卒がなく、安定している事は知っている。 しかし「機能やボタンは多い方が偉い」という第一段階から、カメラであれテレビのリモコンであれ携帯であれ、不要なモノを削ぎ落とす次のフェーズ(シンプリシティの追求)へと人類は進化していく。 カーテンから差し込む夜明けの光。Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/24, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. なぜ中判なのか。これも僕はごく単純な理由だ。階調がスペシャルだから。上の写真は徹夜明けにカーテンの光が美しかったので眠いのを頑張ってM9Pで撮ったものだが^_^、こういう写真は本当は中判の独壇場だ。きっと、階調の美しさだけで酒が飲めるw。 それと中判が映し出す物体の形が超スキ。特に人や車は断然中判が自然で美しい。世間ではX1DとSony αとの解像度対決ばかりやっているが、解像力は中判の特性のほんの一面に過ぎない。デジタル中判は僕にはむしろ解像し過ぎて、どうやって柔らかく撮るか工夫が必要だ。 注目していたXCD 1,9/80は、手に入る少ない作例から判断するに、F値から想像していたよりもずっと絵が硬く、乾いて見える。シグマっぽい?XCD 3,2/90の方が個人的にはナチュラルなバランスに見えるが、自分で実際に撮ってみない事には分からない。僕のレンズを選ぶ基準は、絵に潤いが感じられるかどうかだったりする。 ハッセル公式サイトより借用。(XCD 1,9/80) XCD 2,8/65(ライカ判50mm相当)の作例も世界的に明らかに欠如している。特に「人」を撮った作例がほとんど無い。人を撮らないと数値化出来ないスペック外の真の魅力を判断しにくい。積極的に作例を見せる努力をしないと潜在顧客を逃してしまうよ?或いはアマチュア・コンシューマーに最初から興味が無いのかな。いずれにしても、Xレンズ・シリーズは基本はどれも超高解像度系と考えてよさそうだ。…

16 9月 2019

オリジナルバッグ

Leica S (Typ007), SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH.  (ƒ/8.0, 1/125, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. オリジナルの本革ハンドメイドのLeicaバッグを作って頂いた。コンセプトは超軽量!マニラのスコールでも安心の完全防水などの機能性と、カジュアルにもオフィシャルにも使える超シンプル、ロゴ無しの美しい本革バッグ! Beamsの革製品を担当していたクラフトマンのプロの仕事で、現状はまだ試作品の段階だ。Leica M+予備レンズ一個、それに財布、手帳、スマホに特化したサイズ設計。大きい方はiPad Proがピッタリ入るサイズにして頂いた。一枚革のかぶせの中は特殊なシリコン防水素材、革はロウが塗り込まれていて撥水仕様にして頂いた。クロコダイル革なんかもカッコ良さそう。 以前、市販のライカ用バッグをいろいろ調べてみたが、実は渡米前に作って頂き既に数ヶ月使っていて、全く問題なくかなりお気に入り。これ、製品化したら欲しい方いらっしゃいますか?^_^ Leica…

帰国

一碧湖。Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/125, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. 帰国して家族で伊豆に行ってきた。一碧湖は、なにか神聖な空気が漂っていて大好きな場所だ。Autoで撮ると露出が昼間の様に明るくされてしまい、ミステリアスな風合いが何も無くなってしまうので、ISO160固定でシャッタースピードをいじりながら、実際よりもアンダーめに撮っている。 Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/500, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. もちろん、撮った後もCapture Oneをテキトーにいじり倒していて、何どうやったらこうなったのか、もう全く思い出す事が出来ない^_^。 Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/180, ISO 160)…

米国滞在

母と子。Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/60, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. しばらくボストンに居た。ニューヨークにもちょっとだけ居た。仕事に集中しなければならず、写真を撮る回数はこれまでの100分の1になったが、でもM9Pは毎日持ち歩いてはいた。その頃に撮ったやつをちょっとだけ載せてみる。 人は「飽きる」ことではじめて、次のステージに進むことができると、誰かが言っていた。だから一刻も早くライカは卒業した方がいい。卒業と言ってもライカをやめる訳ではなく、僕にとってライカより使いやすいカメラは無い。つまり新しいカメラや、レンズ自体への興味をすっかり失う事だ。そこから先に、もっと写真に真摯に向き合える人になれるのか。 、、と言いながら、ずいぶん前に手放してしまった現行ズミクロン50mmを銀座プロフェッショナル・ストアで新調し、ズミルックス35mmとの二本体制でアメリカに挑んだ。 ボストンの中心街。小さな街だが、都会的なエリアはある。Leica M9-P, Summilux 35mm/f1.4 2nd (ƒ/8.0, 1/60, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. Leica M9-P, Summilux 35mm/f1.4 2nd (ƒ/2.0, 1/45,…

DxOMarkの数字は正しいのか

今日はライカ以外の昔の写真を載せてみる^_^これは確かSony α7にオールドSummilux 50だったかな。ズミクロン50かも。 事前知識を持たない消費者がこの表を見れば「Leicaは値段は高いだけで、ニコンやソニーにあらゆる面で性能が劣っているんだな、ここまで差があるならライカを買うなんて阿呆だ、D850とα7R IIIのどちらかに決めよう」と、普通なら初期の段階でライカは選択から除外される。100人いればほぼ全員が同じ方向に誘導されるはずだ。 ・Leica M10: A classic reinvented  LEICA M10  LEICA M     D850     α7R III Overall Score (センサーの総合点) 86 84 100 100 Color Depth (色の再現域と分離) 24.4…

2018年の結果報告と2019年の展望

Rei. Leica S-E + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/11, 1/125s, ISO 100) ©2018 Saw Ichiro. 余りの忙しさに写真どころか、満足な睡眠すら許されない4週間だったが、どうやら来月から少しの間、米国で生活する事になりそうだ。向こうでも余裕などは無さそうだが、しばらくサボっていた撮影なんかも異国の地で心機一転、じっくり取り組んでみたい。 昨年一年間で一体僕は何枚シャッターを切ったか分からない。恐らく数万枚のうち、人様が評価して下さった写真が不器用ながら3枚だけあったので、今日はちょっとだけ自慢話をさせて下さい^_^   The Leica Portrait Group - A YEAR IN COVERS(2018年のベストショット60) 非公開グループのため、下記でご覧頂けます。 https://www.facebook.com/adminlpgcovers/…