XCD 3.2/90

クローズアップ・レンズテストとHasselblad CFV II 50Cの考察

X1D II 50c – Hasselblad, Planar 80mm F2.8 T* (ƒ/2.8, 1/60, ISO 200) ©2020 Saw Ichiro. C Planar 80mm F2.8は最短撮影距離90cmだが、クローズアップ・リングを使って50cmくらいまで寄る事が出来る。一方、現代レンズのXCD90は70cmと現在のライカMレンズと同等で、クローズアップ・リングのオプションも無い。そこでXCD90用に、レンジ・ファインダーではなかなか使いにくいクローズアップ・レンズなるものを試してみた。 ケンコー等からいくつかの選択肢がある。激安な一枚レンズのMCシリーズと、アクロマート2枚レンズのACがあり(アポクロマートでは無い)、ACが4隅の歪みや色収差補正に優れているという事から、Kenko 67S PRO1D AC クローズアップ NO3を選択。XCD90の口径は67mmだ。 ついでにND4フィルターも調達した。 日中野外で使用する場合、X1D IIのシャッタースピードは最高1/2000sという事で、例えf値の暗めな中判レンズとしても、陽が直射しているとf6.8くらいまで落とす必要がある。ちなみにライカM型は最速1/4000sだ。 しかも絞り優先で使用していると、適正露出をオーバーするとシャッターを切らせてもらえなくなり、カメラが許してくれるポイントまで手動で絞りを絞らされる羽目になる。…