SUMMICRON-M 50mm F/2

ズミクロン(Summicron 50mm/f2)を考え直してみる

Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/4000, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. APO-SUMMICRON-M F2/50mm ASPH.登場以降、なんとなくその廉価版的な存在になりつつあるノーマル・ズミクロン50が、今どんな意義があるのか再考してみる。ちなみにアポ50が価格コムで現在99万円、ノンアポが30万と3倍以上の価格差がある。 最も信頼する50mmは何かと問われて、ズミクロンの名前を挙げる写真家は少なくない。まさに世界のリファレンスと言うべき歴史を持っているし、僕がライカの世界に辿り着いたきっかけは、まさしくズミクロン50だった。 明瞭度を下げてちょっと柔らかくするのがマイブーム^_^。Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/250, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. だいぶ以前に、ベストな標準レンズはどれだ!という探究心に火がついた。Sony α7を使っていた頃だ。何かをやり始めると思い切りハマる体質だった僕は、自由時間の99.9%を費やし、毎日様々な50mmレンズの作例をFlickrで見まくり、自分でも買いまくり、売りまくっていた。その当時の僕はZeissファンだったので、ビンテージからコンタックス、コシナ製まで、結構いろいろ試した。他の日本ブランドもいくつか試した。当時、高解像度で話題をさらっていた新生Sigmaシリーズなんかも一時期手元にあった。その多くは売ったり、壊したり、人にあげたりした。 今日は昔のα7時代の写真をいろいろ引っ張り出してみた。Carl Zeiss Planar T*…

16 9月 2019

オリジナルバッグ

Leica S (Typ007), SUMMARIT-S 70mm F2.5 ASPH.  (ƒ/8.0, 1/125, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. オリジナルの本革ハンドメイドのLeicaバッグを作って頂いた。コンセプトは超軽量!マニラのスコールでも安心の完全防水などの機能性と、カジュアルにもオフィシャルにも使える超シンプル、ロゴ無しの美しい本革バッグ! Beamsの革製品を担当していたクラフトマンのプロの仕事で、現状はまだ試作品の段階だ。Leica M+予備レンズ一個、それに財布、手帳、スマホに特化したサイズ設計。大きい方はiPad Proがピッタリ入るサイズにして頂いた。一枚革のかぶせの中は特殊なシリコン防水素材、革はロウが塗り込まれていて撥水仕様にして頂いた。クロコダイル革なんかもカッコ良さそう。 以前、市販のライカ用バッグをいろいろ調べてみたが、実は渡米前に作って頂き既に数ヶ月使っていて、全く問題なくかなりお気に入り。これ、製品化したら欲しい方いらっしゃいますか?^_^ Leica…

帰国

一碧湖。Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/125, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. 帰国して家族で伊豆に行ってきた。一碧湖は、なにか神聖な空気が漂っていて大好きな場所だ。Autoで撮ると露出が昼間の様に明るくされてしまい、ミステリアスな風合いが何も無くなってしまうので、ISO160固定でシャッタースピードをいじりながら、実際よりもアンダーめに撮っている。 Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/500, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. もちろん、撮った後もCapture Oneをテキトーにいじり倒していて、何どうやったらこうなったのか、もう全く思い出す事が出来ない^_^。 Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/180, ISO 160)…

米国滞在

母と子。Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/60, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. しばらくボストンに居た。ニューヨークにもちょっとだけ居た。仕事に集中しなければならず、写真を撮る回数はこれまでの100分の1になったが、でもM9Pは毎日持ち歩いてはいた。その頃に撮ったやつをちょっとだけ載せてみる。 人は「飽きる」ことではじめて、次のステージに進むことができると、誰かが言っていた。だから一刻も早くライカは卒業した方がいい。卒業と言ってもライカをやめる訳ではなく、僕にとってライカより使いやすいカメラは無い。つまり新しいカメラや、レンズ自体への興味をすっかり失う事だ。そこから先に、もっと写真に真摯に向き合える人になれるのか。 、、と言いながら、ずいぶん前に手放してしまった現行ズミクロン50mmを銀座プロフェッショナル・ストアで新調し、ズミルックス35mmとの二本体制でアメリカに挑んだ。 ボストンの中心街。小さな街だが、都会的なエリアはある。Leica M9-P, Summilux 35mm/f1.4 2nd (ƒ/8.0, 1/60, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. Leica M9-P, Summilux 35mm/f1.4 2nd (ƒ/2.0, 1/45,…