12月 2019

View all on this date written articles further down below.

LEICA NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH.のテスト

ライカプロフェッショナルストア東京にて、Noctilux 75を触らせて頂いた。店内で軽く試写させて頂いただけだが、気になっていた事がいろいろ分かったので、あくまで個人の勝手な偏見と妄想と共にシェアしてみる。 Noctilux 75は高価なライカレンズ・ファミリーの中でも最高級品にあたる定価165万円というプライスが付き、重要も1055gとこちらも最も重いレンズとなる。にも関わらず、これを見なかった事に出来なくなっているのは、単にf値が明るいよね、ボケるよねとか言うずっと上位に、次の時代をリードする"何か"をこのレンズに感じずにはいられないからだ。 M9+ノクチ75の作例は世界的にも珍しいので良い機会だったが、ノクチ75の凄さが発揮される良例は撮れなかった^_^。Leica M9-P, NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH.  (ƒ/1.25, 1/60, ISO 200) ©2019 Saw Ichiro. このレンズが気になるもう一つの理由は、Leica M9だけでなくこれをHasselblad X1D IIのメインの標準レンズとして使えないか、という僕の悪巧みがあっての事だ^_^。中判のX1Dで、複数の35mm判ライカMレンズが蹴られずに使用出来る報告があちこちから上がっている。 店長の大上さん。いつも快く僕のワガママに答えて下さり、感謝の言葉しかない。ちなみにいつものズミルックスの感覚で1/60sで気楽に撮ったら、ちょっと手ブレが発生してしまっていた。Leica M9-P, NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH.  (ƒ/1.25, 1/60, ISO…

今度はSummilux 50mm F1.4 を考え直してみる

ズミクロンを押した直後に恐縮だが^_^、先日のJLUGの集まりで先輩方のレンズを触らせて頂いた勢いで、久しぶりにズミルックス50を購入してしまった。初代と現行第4世代を経て、今回は第2世代を選んだ。そして悟った。やっぱズミルックス50はむちゃくちゃ面白い! 2ndを選んだと言っても、元々は1st狙いでお店に在庫が2ndしか無かっただけだが、これも一期一会。使った事の無いレンズの方が新鮮な発見がある。 実は最後まで迷ったのは、身の程も知らずNoctilux 75mm F1.25。昔とても気に入っていたBMW318ti Sports認定中古車も確か同じ様な価格だった。もうどうにでもなれ!と24回払いの覚悟はあったのだがw、間違って妻を連れていったのが運の尽き^_^。無言のプレッシャーの前におとなしくズミルックスに即決させて頂いた。 ボストンより。Leica M9-P, Summilux-M F1.4/50mm 2nd  (ƒ/1.4, 1/30, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro. 以前の記事では、愛用していたズミルックスを2ndと呼んでいたのは、180万台以降の初代は外見は1stながら、内部のレンズ構成が変わって2ndと同じになったとの事で、どっちで呼んでよいかよく分からない。以前のルクスは200万台、今回のは240万台だ。今回のモデルはカナダ製かと思いきや、今確認してみるとMade In Germanyと書いてある。 鏡筒の作りは初代の美しさには敵わないが、描写としては初代から様々な改良がある様で、開放から意外なほどシャープネスが高い事に驚かされた。 ハーバード大学内に、どういう訳かビーチバレーボール場が^_^ Leica M9-P, Summilux-M F1.4/50mm 2nd  (ƒ/1.4, 1/750, ISO…

Japan Leica User Groupの会

Leicaを愛するオジサマ達の悪ふざけの会が、最高に素敵で楽しい^_^ 僕のM9Pも総額1000万超のこのテーブルのどこかに埋まっている。この写真はグループの代表、福井さんが撮られたものを掲載させて頂いた。 岡馬さんの愛機。Leica M9-P, APO-SUMMICRON-M F2/75mm ASPH.  (ƒ/2.0, 1/60, ISO 320) ©2019 Saw Ichiro. ちなみにJLUG(Japan Leica User Group)はプライベートなフェイスブック・グループで、ライカを持っていなくてもライカに興味があれば入会出来る。しかし入会の際に届く2つ?の質問に答えて下さった方のみに入会が許可されるというルールがあり、毎日多くの方の解答が得られず許可ができないそうだ。 やはり他人同士で平和に楽しくやり取りするためには、最低限の社会人のコミュニケーション能力が求められるのは当然だ。僕も自分が傲慢になっていないか、他者に対して批判的になっていないか、よほど気をつけていないと危ない(笑) これは画家の常世さんがNoctilux F1.0でイチローを撮って下さった。ガンリキ強過ぎで笑えるが(笑)、多分慣れないレンズでピントが良く見えず、気合いで見ようとしていたのだと思われ^_^。常世さんありがとうございます! Leica M9-P, APO-SUMMICRON-M F2/75mm ASPH.  (ƒ/2.0, 1/60, ISO 1000) ©2019…