イチロー

View all authors posts further down below.

APM120SD 双眼鏡(双眼望遠鏡)で遊んでみた

また新しいオモチャが届いた。(^^) 平たく言えば、天体向けの双眼鏡のお化けだ。宇宙を眺めると聞けば「は?何のために?」と思われるかもしれないが、それは何のために写真を撮るのか?と問う事と同じで、我々は何か「得」をするために生きている訳でもない。(そういう人も居るが) 究極的には人生の醍醐味は「感動」がキーワードと僕は思っているし、天体観測はあらゆる人間の創造活動と同様の「美の追求」であり「感動体験」に他ならない。今日はちょっと畑違いだが、肉眼で眺める天体の世界を少しご紹介したい。 僕は天体写真はやらないが、ハッセル45Pを空に向けてISO12800でテキトーに撮ってみた。f4のレンズは夜空を撮るには全く不向きだが(^^)、とりあえずは何か写った。特に45Pはフォーカス回し切りで無限遠ピッタリにならず、何も見えない真っ暗闇に向けてのピント合わせはすこぶるムズい(笑)。天の川を挟んで上部にはアンドロメダ銀河、中央下には冬の人気観望スポット、二重星団が写っている。 我々現代人は宇宙との関わりをすっかり失い、自分たちが宇宙空間に浮かんでいる事を忘れて久しい。本来人類は何万年もの間、日が落ちれば天体に想いを馳せ、宇宙からの光を日常的に眺めながら過ごしてきた訳で、今は多分、人間にとってかなり不自然な環境だ。こんなに美しいアートがいつでも頭上に広がっているのに、これを知らないなんてもったいなさ過ぎる!しかも一昔前なら高嶺の花だった素晴らしい双眼望遠鏡の完成品が、今では随分入手しやすくなった。 望遠鏡でなくても、スワロフスキーやライカなど高級な双眼鏡を覗いた経験がある人なら分かると思うが、素晴らしい光学系は息を飲む様な驚きがあるし、天体だけでなく地上風景に向けてもそれは文字通り感動モノだ。ひとたびその光景を見てしまえば、二度と安物の双眼鏡に戻れなくなる常習性がある。 僕が購入したAPM120SDは、12cmEDアポクロマート・レンズのツインで、90°対空接眼部を装備し、天頂付近でも無理の無い姿勢で眺められる。アイピースを交換する事で事実上、無制限に倍率を変更出来る。(光軸が許す限り。)これまで口径10cmオーバーのAPOレンズでこの様な双眼システムを組む場合、世界的に有名な鳥取の「メガネの松本」さんにオーダーメイドをお願いして、一本100万円とかの鏡筒を2本揃える必要があった。 そんな一部の人だけに与えられた超贅沢品だったものが、既製品で100万円を大きく切る価格で利用出来る時代になった。 僕の望遠鏡の履歴は、13cm反射単眼 → 松本さんの10cmアクロマート双眼 → 中国産8cm3枚玉アポ双眼 → 自作7cmフローライト双眼を経験した。双眼機構の肝は全て松本さんが開発したEMSだ。 EMSとは2回のミラー反射のみで大きな望遠鏡の目幅から人間の目幅に変換し、同時に90°対空の正立像を実現するアタッチメントで、これにより二本の望遠鏡並べて双眼視する改造が可能になった。従来のプリズムに比べ像質劣化や光量低下が格段に少なく、EMSの出現により双眼望遠鏡のカテゴリーが本格的に開花したと言っていい。 左が10cmF5BINO。もう何年前の事だろう、松本さんが使用されていた所有物を譲って頂いたのが、僕の双眼望遠鏡との出会いだ。右がその後、松本さんに新調して頂いたBlanca 80EDT BINO。 最近まで所有していた自作Borg71FL BINO。自作と言っても、松本さんの主要機構の他、市販のアルカスイス・パーツを工夫して組み合わせただけだ。Borgのフローライト・レンズと松本EMS銀ミラーとの組み合わせの抜けの良さは特筆モノで、鮮烈極まりない見え味だった。どれもこれも思い出深いが、いずれもカメラなどを買うために手放してしまった(^^)。もったいない事をした。 ちなみに松本さんのサイト内のEMS商品写真の多くは、僕が以前撮影させて頂いたものだ。 カメラは何で撮ったか忘れた(^^)。Sony α7だったかな。 望遠鏡と言えば一般的なイメージは片目観望だが、両目で覗く事がいかに自然で快適な事か、一度体験すれば誰でも納得出来る。やはり単眼ではよく見えないし、そもそも片目じゃ見辛くて長時間見ていられない。両目で見る事で左右脳で補完し合い、実際の集光力の理論値よりもずっと明るく、大きく見える。1.6倍だったかな?まだまだ双眼望遠鏡は一部のマニアの道具だが、今後ますます双眼視が主流になっていくはずだ。 最初は集光力重視だったのが目が肥えていくにつれ、像質重視、お手軽な小型BINOに変わっていった。しかしやっぱり大口径レンズで、遥か彼方の深宇宙をもっと良く見たい!という願望が再び強くなり、でも像質は落としたくない、でも超高級品は無理!という事で、APM120SDは完璧なソリューションだった。 12cm口径の集光力は肉眼の293倍、極限等級12等だが、その二本分の集光力 ✕ 左右脳内コンポジットの威力は、体感的に倍の口径を凌駕する。 APMはLeicaと同じくドイツメーカーだが、APM120SDは日本製OHARA FPL-53特殊EDレンズを使用している。僕は元々、望遠鏡は国産フローライトが最高と思っている派だが、それに匹敵するらしい。…

ハッセルブラッド Hasselblad XCD 4/45Pのレビュー

Leica CL, Summilux f1.4/50mm 1st (ƒ/1.4, 1/60, ISO 125) ©2020 Saw Ichiro. 日本国内ではいつまで待っても、どこにもちっとも入荷されないハッセルのニューレンズ45Pが、NYに頼んだらあっけなく届いた話。まだ使い始めたばかりで日が浅いが、少しレビューを書いてみる。 X1D II 50c – Hasselblad, XCD 4/45P (ƒ/4, 1/90, ISO 200) ©2020 Saw Ichiro. ほぼ無加工Raw撮って出し。 近所を少し歩いたファーストショットで、そのクリアで鮮烈な描写に、久しぶりにちょっと感動させられた。開放f4.0と控えめな設定と引き換えに、世界最軽量の中判レンズの称号を手に入れた訳だが、こいつのアドバンテージはどうやらサイズとプライスだけでは無いらしい。 X1D…

Leica CLのレビュー

X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/3.2, 1/320, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro. 小さいLeicaを使ってみたく、以前から気になっていたCLを大先輩からお借りさせて頂いた。先輩の温かい優しさへのせめてものお返しとして、なるべく詳しくレビューを書いて、誰かのお役に立ちたいと思っている。 ただレビューと言っても、世間様の広くお役に立てる様なまっとうなレビューでは無い(^^)。テキトーに好きにいじる元素材として、小さなAPS-Cライカは楽しいか?のみに主眼を当てた、よく言えばクリエイティブ系、正確に言えばチョイ変態系な遊び方を考えてみる。 Leica CL, ELMARIT-M f2.8/24mm ASPH. (ƒ/2.8, 1/400, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro. 首に重量物をぶら下げて歩く場合、よほど強靭な肉体の持ち主以外、誰にとっても軽ければ軽いほど正義だ。デジタルMシリーズの中の最軽量モデル、M9の580gに対し、403gのCLはそれだけで存在意義がある。サイズ感も一回りとは言わないが、全体的にちょっとだけこじんまりとして、旅行など常に持ち歩くライカとしては理想的だ。 ライカにこだわらなければ、370gの世界最小最軽量フルサイズSigma…

沼津御用邸とオヤジ

X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/3.2, 1/200, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro. 何かの用事のついでに、7月21日、沼津の御用邸をオヤジと散歩した。僕が住む葉山にも御用邸があるが、沼津は有料で中を見学出来る貴重な場所だ。 この日の写真は、全部JPG撮って出し。 X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/3.2, 1/90, ISO 800) ©2020 Saw Ichiro.…

01 9月 2020

Hasselblad X1D II 50cがようやくムービーに対応!

ようやくX1DIIがアップデートされ、ムービー対応してくれたので、友人のあるWEBサイトのバックグラウンド・ムービーをテスト的に制作してみた(無声)。以前の別のカメラの写真や、広角の室内の絵はLeica CL+純正Zoomレンズなども混ざっているが、クローズ・アップのシーンは全てX1DIIだ。 と言ってもXCD120マクロレンズは手元になく、XCD90にKenkoのクローズアップ・レンズでなんとか乗り切った。XCD120ならもっと良いはずだが、それでも中判ムービーの実力の片鱗は感じる事が出来た。宝石の発色やキラメキを強調するためCLの絵は彩度をやや落としているが、X1DIIとの動画の品質の差は結構ありそうだ。 X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/8.0, 1/8, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro. 結構真面目に勉強したCapture Oneでは、X1DIIの現像が出来ない。とはいえ、そもそもX1DIIの現像にはハッセル純正のPhocusを使った方が、カラープロファイル的に理想的な「色」が手に入るのが、デジタル・ハッセルの美点でもある。MacOS 10.13, High Sierraから、最新のPhocusがインストール出来る事が分かり、Phocus3.5.2ではパフォーマンスもだいぶマシになってきた。普通はこれでいい。 でもなんとなく5000万画素のサイズ感は大げさだし、Phocusもなんとなく手に馴染まずに、仕事が忙しい事もあるが、個人的にはあまり普段写真を撮らなくなってしまっていた。 遂にはもう面倒になってきて、よほど大事な撮影でなければ、RAWをやめて最初から全部JPG撮影する事にした(^^) その方が気楽だし、Capture Oneも使えるし出て来る絵も程よくコントラストが上がっていて全然問題無い。 X1D II 50c – Hasselblad, XCD 3,2/90 (ƒ/3.2, 1/125, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro. 最初はLeicaの方が良かったな、と思っていたX1DIIだが、最近はだいぶ好きになってきている自分も居る(笑)改めてLeica…

Japan Leica User Group (JLUG)

digestif. 食後酒が注がれるのを待つグラス。Leica S-E (Typ006) + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/4.0, 1/15s, ISO 400) ©2018 Saw Ichiro. フェイスブックのLeicaグループのオフ会に初めて参加させて頂いた。Japan Leica User Groupの参加者は現在340名、毎日かなりの写真が投稿され、日本のライカグループとしては最も熱いグループの一つと思う。5月9日の駒沢の高級イタリアン、イル・ジョットさんでの楽しい時間は、あっという間に過ぎ去った。 精悍!このテーブルの総額を考えると恐ろしい^_^ この中の二台持って帰って良いと言われたら、どれを選ぶだろう(笑)ちなみに真ん中のS-Eと左後ろのM2が僕のだ。iPhoneのLRアプリを初めて使ってみた。 参加されている方々は世界中のいいねを欲しいままにする超ベテラン勢にも関わらず、ライカ一年生の新参者の僕を暖かく迎えて下さった。(いやもう二年生かな?^_^)恥ずかしながら、このブログを見て下さっている方も少なくなく、本当に勘弁してもらいたい(笑) 最近は撮る枚数が多すぎて、現像やアウトプットが常に追いついていない。そのため毎日の様にグループに投稿している事もあり、以前から何度もメッセージ等でやりとりさせて頂いている方々だ。 全員この日が初めましてだったが、先輩方のプロフィール写真はいつも拝見しているし、まるで以前から良く知る方たちとお会いしている様な居心地の良さがあり、リラックスし過ぎてしまった。^_^ 僕の気づかぬ所で様々なお心配りがあったのだろう。 ワイングラスを狙う井熊さん。Leica S-E (Typ006) + Leica…

問題は、構図だ!

この人の写真、超スキ。このおじさんの人柄もスキ^_^。Wedding Photography Tips: Storytelling with Joe Buissink いつも注釈しているがこのブログはベテランの方を対象にしていない。不器用な素人の自虐ネタを赤裸々に書いているだけだが、それなのにたくさんのベテランの方から心温かいメッセージを頂き、謝りたい気分になる(笑) 今日も、写真や絵画の専門教育を受けた事の無い、僕と同じくらいの平民の方々ための、構図を改善する初歩的な方法を思いついたので^_^、自分なりに書いてみる。 幼少期から成熟期にかけて絵画に深く関わった人の感性というものは、最初から写真を見る目が違う。これは悲しい現実で、分からない人には何が良くて何が悪いのかさっぱり分からないし、分かる人にはなんで分からないのかさっぱり分からないという、両者の間には残酷なほどに深い溝が存在する。 僕の嫁は美大卒で全国6,000社の広告を手がける現役デザイナーだが、明らかに僕とは違う目を持っており、僕の写真をひと目見た瞬間に次々とダメ出しして行く。しかもそのコメントがなるほどいつも的確で、全て納得。指摘されるまで自分では全く気付けないので、ぐうの音も出ないのだ。 僕のお気に入りのFlickrのfavリストを見せても、ほとんどの写真の構図が全然ダメと言う。たくさんいいねも付いてるしそんなはずは無いだろうと一枚一枚、感想とその理由を聞けば、スラスラと問題点を指摘し、その改善方法まで見たそばから言い当てていく。ごくたまーに、これは文句の付け所がない、と100点が付く。だったらおまえが撮れよ、と段々腹が立ってくるw。(ちなみに彼女はライカに全く興味も無いし、カメラの使い方をいくら教えても決して覚えられない^_^。iPhoneでいいらしい。) 彼女に言わせると、歴史に残る絵画で構図がイマイチなものは一つも無いので、無配慮な構図が気になって仕方がないのだそうだ。この発言は、彼女にとって絵画と写真の垣根が全く無い事を示唆している。しかも比較対象が世界の巨匠だったりして、少しは多目に見てもらいたいものだ^_^ 僕の興味は身内の自慢話ではなく、そういう特殊能力を持ち合わせてない僕の様な平民が、どうやってその感覚を享受するかだ。 貴方がもし、成人式をとっくに終えた年齢ならば、残念ながらこの深い溝を一発逆転で飛び越える裏技は無いかもしれない。しかし平民にも、後天的に学び努力した暁には、彼女に褒めてもらえる一枚を撮る道は残されていると、僕は信じたい(笑) そこで僕が考えた作戦はこうだ。たった一時間で、貴方の構図が変わる(かも)。   構図改善・大作戦 例えばボナールから始める。このYoutubeは一枚につき6秒間、次々に名作が表示されていく。これを漫然と鑑賞して楽しむのでは無く、貴方が実際にこの場所に行き、Leicaを構え、ライカのシンプルなフレームの中にこの絵が見えていると想定するのだ。 貴方はここでシャッターを切る。貴方は今、ボナールと同じ構図で撮っただろうか。そこにはボナールと自分と、構図の捉え方の違いが必ずあるはずだ。彼と自分と、どう違ったのか、何が違ったのか、そして何故、彼はそうしたのか。その違いを認識し考える事が、スタートラインだ。 Pierre Bonnard: A collection of 783 works (HD) 構図の学習に写真では無く絵画を選ぶのは、絵画の場合、最初の一筆目から描き手の意思と計算が存在する点で、半ば受け身的に目の前の状況を受け入れたかもしれない写真集よりも、驚きがある。 構図に唯一の正解は無いので、ボナールと同じ構図に矯正する必要は無い。冒頭のJoe…

Leica M2の洗礼と人間露出

LEICA M2 + ELMARIT-M 90mm F2.8 ©2018 Saw Ichiro. 先日購入したM2はSer.1086304、1963年製の様だ。フィルムを巻く以外、操作方法がMデジタルと全く同じなので、最初の一本目からまるで昔からM2を愛用してきたかの様に自然に扱えるのは、まさにライカの美点だ。 早速フィルム3本の現像が上がってきた。どうせフィルムで撮るなら思い切りフィルムっぽいやつを^_^、という事で以前から気になっていたAdox Color Implosionを求めたが、残念ながら既に世界的に入手困難になっていた。代わりにLomoのトイカメラ用?のColor Negative400&100、モノクロはKodak T-max400から始めてみた。Lomoはちょっと昭和感が残る、ガーリーな仕上がりになる、そして安い。もっと変態的な写りを期待したのだが^_^、予想よりは普通だった。 そしてフィルム4本目にして、お約束のM2のフィルムカウンターリセットを早速忘れた(笑)。現在進行形で今何枚目かさっぱり分からない。 LEICA M2 + Summaron 35mm/f3.5 ©2018 Saw Ichiro. フィルム3本中10枚程度、この様な露光漏れの現象が見られ、いきなりフィルム・ライカの洗礼を受けた。どうやら一定の条件下にて、シャッター幕に不具合があるらしい。自分より年上のこんな古いライカで本当に写真が撮れた事だけで嬉しかったし(笑)、酒の肴のつもりで買ったので完全動作しなくても触っているだけで楽しいのだが、ちゃんと整備した方がもっと楽しい事は間違いない。 LEICA M2 + Summaron 35mm/f3.5…

Leica S-E (Typ 006)の問題点と解決策

ほとんど真っ暗になりかけの時に、ミニ三脚に乗せて6秒開いた。ちょっと重量的に荷が重いか。Leica S-E + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/5.6, 6s, ISO 100) ©2018 Saw Ichiro. 今後、多分このブログが、ライカS-Eに関して日本で一番詳しいレビューページになると思う(笑)僕の様な素人意見ではご不満の方もあるだろうが、誰も書かないのだから仕方がない。変な使命感に燃えてきたw 前回はSを持ち上げたので、今日は落としてみる^_^。 S-Eを腰にぶら下げて、軽く山を登ってみた。大した山でも無いのだが、カメラの問題ではなく足腰がガクブルで日頃の運動不足を反省、、でもカメラの運搬は苦にならなかった。昔は腰に刀を二本もぶら下げて、高知から江戸まで何往復も歩いていたのだ。Sごときで音を上げてはいけない^_^。 相模湾を見下ろす。Leica S-E + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/2.5, 1/1500s, ISO 100)…

ライカSで撮ってみた

よく見れば看板にMと書いてある^_^。Leica S-E + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/2.5, 1/125, ISO 100) ©2018 Saw Ichiro. Sは使いにくかったよ!ダメだったよ! 、、と書いておいて内緒にしようか迷うほど、実はSはよかった(笑)37.5MピクセルによりM10以上の描写性能があるのに、写りすぎる感じがしないのだ。 人影の少ない深夜の南青山を、ライカSと少し歩いた。Ilko式の構えを覚えてから、手ブレを防げるだけでなく、右手の負担を心配しなくて済むようになった。ストリートでも全然問題なかった。腰巻きホルスターの恩恵もあり、腕力を鍛える必要はなさそうだ^_^ Leica S-E + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/2.5, 1/125, ISO 800)…