Adobe Lightroom

Capture Oneの現像はイイのか?

Adobe Lightroomの無償提供があったりして、多くのLeicaユーザーは迷いなくライトルームを使っているだろうし、僕もライカに移行するずっと前から、初代からの生粋のライトルームユーザーだ。 一週間ほどCapture One 11の30日無料トライアルを真剣に検証していて、一つの仮説に至った。しかし例えCapture Oneが優れていたとしても、忙しい社会人が使い慣れたLightroomを手放して、習得に何日も費やし、様々な壁を乗り越えてCapture Oneに乗り換えるのは簡単な事ではない。 自分の話で言えば、Capture Oneに移行確定だ。しかし一筋縄では行かない部分もあり話がややこしくなってきている。 真剣な眼差しが向けられているのは、クレヨンしんちゃんのYoutube^_^。Leica S-E (Typ006) + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/2.5, 1/45s, ISO 100) ©2018 Saw Ichiro. 本当はトライアル初日、Capture Oneのディスプレイに表示される最初の一枚を見た瞬間に分かっちゃったのだが、その確信が真実かどうかを今日まで確認していた。いつもいい加減な話ばかり書いてるので(笑)、出来るだけ確定的な事が言えるまで、この記事を書く事を控えていた。 現像処理を緻密に時間をかけてやるタイプの人から、明るさだけ整える程度の写真家まで様々だが、Capture One(以後、C1)はどちらのタイプにもメリットがある。理由はシンプルで、現像云々以前に、読み込んだ直後のスタートポイントにアドバンテージがあるからだ。Rawの色が最初からちょっとだけイイ。もちろんそのままストレート現像したjpgの色味も、当然ちょっとだけベターな結果になる。 over…