Hasselblad

X1Dの純正レンズ

X1D II 50c - Hasselblad, Planar 80mm F2.8 T* (ƒ/2.8, 1/350, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro. X1D IIでオールドレンズ遊びは諦めたので、今度は純正レンズに何を選ぶかちょっと考察してみた。 やっぱりね、細かい文句ばかりたくさん書いてしまったが、このカメラの最大の魅力はデカイ中判センサーを積んでいながら、Leica M型とほとんど同じ大きさと重さを実現した事に尽きる。Leica M10が660gなのに対し、X1D IIは725g。サイズも感覚的にはちょっとMより縦が長いかな?という程度でほとんど同じに感じる。 そして洗練され切っているMのクラシカル・デザインに対し、全く違う都会的でスタイリッシュなアプローチで魅せるX1D IIは、もうそれだけで拍手を送らなければならない。 X1D IIでは意外と150mmレンズが使いやすいし、使用頻度が高い。X1D II 50c - Hasselblad,…

Hasselblad X1D IIの美点

X1D II 50c - Hasselblad, Planar 80mm F2.8 T* (ƒ/2.8, 1/2000, ISO 100) ©2020 Saw Ichiro. せっかく買ったのに文句ばっかり言ってても始まらない。楽しまなければもったいない! 近所を少し撮り歩いたので、Hasselblad X1D IIとC Planar 80 f2.8で写す葉山を載せてみる。今日はネガティブな事は書かず、気に入ってる点や前向きなコメントを書くと決めている(^^)。 X1D II 50c - Hasselblad, Planar 80mm…

ハッセルブラッド X1D II 50C 最初のレビュー

中判デジタルに人々が期待しているモノは「高い解像度」というのはどうやら世界共通の様で、英語も日本語もどのX1DIIのレビューを見ても、大体いずれも緻密な描写を称賛するものだ。一方、僕の個人的な意見としては解像度を求めるならMでもQでも十分過ぎるし、もはや中判とフルサイズ機との解像差なんてどうでも良いと内心思っている。僕にとって中判の最大の恩恵は「長焦点レンズが標準画角で使える」一点に集約しており、ほとんどそれだけと言ってもいい。(^^) X1D II 50c - Hasselblad, Sonnar 150mm F4 (ƒ/4.0, 1/60, ISO 3200) ©2020 Saw Ichiro. ハッセルに限らずLeica Sもしかり、ユーザーの期待に答える様に、またフルサイズ機に対してなんとかして面目を保つかの様に、メーカーから出てくる中判レンズはどれもこれも猛烈にシャープネスが高い。風景の人は最高の時代と思う。僕の場合はシャープネスを何とかして下げたくてw、現代のX1D専用モダンレンズを一つも買わずに、アダプタ+Carl Zeiss製のオールド・ハッセルVレンズ3本のみを新調するという暴挙に出ており、したがって僕の様な世界的に稀有な珍獣が書くこの記事は、多くのカメラ・ファンの方が知りたい事は書かれていないと思う。(^^) シャープネスを下げたいと書くと語弊があるが、近年の僕は、写真に適度な柔らかさを求める傾向がある。要は「普通」に写って欲しいだけなのだが、現在ではそっちの方が難しい。 という訳で、ずっと気になっていたX1D IIが今、手元にある。Vレンズをデジタルで使ってみたいという昔からの願いも、ようやく現実になった。Hasselblad X1D IIが僕の意図にマッチしたものであったか、ライカユーザーから見たX1D IIは実際どうなのか、まだ数日しか経ってないが今の個人的な正直な見解を書いてみる。 X1D II 50c - Hasselblad,…