Leica Q2

Leica Q2!

Leica Q2! 、、と言っても買った訳では無い。 予め断っておかなければならないのは、最近の僕は70mm以下の焦点距離で撮られた写真の、全体的な湾曲が気になって気になって仕方がない変態的な体質になってしまっている。以前はそんな事は考えた事もなかったが、一度気持ち悪く思ってしまうと潔癖症的にいつもどこか歪んで見える感覚。結構これは深刻な問題で、最近シャッターが激減している原因となっている。50mmでも不満な僕にとって、28mmレンズを装備したQシリーズは最初から購買対象から外れてしまう。 しかし先日、Q2をイチローはどう思うか?と読者の方がわざわざメッセージを下さったので、嬉しくなって僕なりの思うところを少し書いてみる(^^) 10年以上ぶりに朝の精進湖を訪れた。1000円札の裏の絵が撮られたスウィートスポットだ。ちなみに今日の写真はQ2とは全く関係ないし、ライカでもないAPS-Cの35mmレンズ。(^^) Fujifilm X-T20, Carl Zeiss Flektogon 35mm f2.4  (ƒ/8.0, 1/125, ISO 200) ©2020 Saw Ichiro. 大抵のブログや評論は、現ユーザーさんやメーカーさんなど様々な配慮が先立って、なかなか書き手の本心が分からない事も多いが、僕にも一応、僕なりの自分ルールがあったりする。 それは、文句を言っていいのは自分が身銭を切った機材だけで、持ってもいない道具に文句を言う権利は無い、というものだ。それではただの性悪な悪口になってしまうし、文句には、その裏に愛が無ければならないと思っている。 だから僕も、Q2に関して何も文句はございません(^^) Q2にしてもM10モノクロームにしても、近年のライカの高画質に向かう進化が目覚ましい。中でもQ2はムービーも撮れるし、寄れるのでテーブルフォトも余裕だし、軽いしM10オリジナルを凌駕してしまうような描写で、現Mユーザーを口説き落とすだけの誘惑は十分にある。それに、気分は26歳のままのつもりが最近いよいよ視力の衰えを実感し、本格的なジジイを自覚しつつある今日このごろ(^^)、オートフォーカスはやっぱり魅力的だったりする。 M用レンズ、ズミルックス 1.4/28mm ASPH.は85万円もする高級レンズだが、Q2はF1.7版とは言え、ズミルックス28mm ASPH.を搭載して748,000円。重量もズミルックスMの440gに対し、Q2はボディ込みで720gと来れば、いちいちレンズを付け替えるのも面倒だし、当然Mとの二台持ちを検討する流れになるのは、恐らくLeica社の計算通りだろう(^^) 僕も何度かJLUGの先輩方にQ2を触らせて頂いたし、Leica中判の画質を見慣れたつもりの目にも、Q2のやる現代的で緻密な描写に何度も驚かされている。JLUGやLeica Meetでも時々Q2の見事な作品を目にするし、4K動画が必要な人がどれだけ居るかは分からないが、ムービー用途としても最高では?と僕も邪心を何度か抱いた(^^)。でも今回はやめた。ここからはやめた個人的な理由を書いてみる。 自慢の機材をズラリと並べたおじさん達に包囲されながら、三脚も忘れてミニデジカメを片手にヘラヘラしていた僕は、恐らく周囲からは最もやる気の無い頂点に認定されていたに違いない(^^)。Fujifilm…