JINBEIビューティーディッシュ

ライティング・アクセサリー

何かのテクスチャーとの合成がマイブーム。Leica S-E + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/2.5, 1/125, ISO 1600) ©2018 Saw Ichiro. レンズをたくさん持ち歩いて、どんなチャンスも逃したくない派と、レンズの一本縛りを与えて、それで撮れるモノを撮る派と、人により意見が別れる。どちらも正解と思うが僕の場合は後者で、Mでも結局、気に入った50mm一本しかほとんど使っていなかった。 それは単純に僕が怠惰な人間で、レンズ交換作業が面倒なのもあるが、多種多様な表現が許される事よりも、この人が撮ったらこうなるという様な、悪く言えばある種のワンパターン性、良く言えばその人のキャラクター「誰々っぽいよね」という個性も、ポジティブに捉えていいと僕は思っている。その個性をライカに頼っているとしても^_^。 同じ道具を使い続ける事によって、フォーカスノブを手元で触るだけで大凡の距離感が把握出来るようになったり、道具を手足の様に使いこなすまでの時間も格段に早くなる。 Sレンズも例え買い増ししたとしても、僕は多分70mmばっかり多用する人になる可能性が高いし、ライティングの道具もアンブレラ、ソフトボックス、ビューティディッシュ等、大小いろいろ買ってみたものの、どれか一つに絞って、当面これしか使わない、という縛りを与えてそればっかりで工夫してみる事にした。 Leica S-E + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/2.8, 1/30, ISO…