2018年1月8日 イチロー

2018年の抱負


葉山 工房一閃の作品。早速マクロアダプターが役に立った。しかしお客様が居る隣で一時間でセット、撮影せねばならなかった。俯瞰撮影用三脚を持っておらず苦労した。Leica M10 + K&F Concept Macro adaptor 10mm + 8mm, Leica Summaron 35mm/f3.5 (ƒ/16, 1/8, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro.

新年おめでとうございます。いよいよ2018年。今年こそ音楽に写真に、面白い年になりそうだ。

一眼レフで片手間に遊ぶ様になってからは10年程度、その後カメラについて、写真について、少しばかり真剣に考えてみる様になったのは、2017年にライカボディを手にしてからだ。我ながら実に浅いキャリアだが、そんな僕にも一つ目標がある。それは自分で撮った写真を、自分のスタジオに飾る事だ。


都内実家の団地にて Leica M10, Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/350, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro.

親父が少々絵を書く事もあって、デカイ額縁だけは、すでにある。何号だかは分からないが、壁一面が額縁で覆われるくらいデカイ。それに入れる一枚を撮るために、僕は毎日カメラを持ち歩いている。

それほど嫌いじゃ無い写真も今まで何枚かあったが^_^、これこそ!という決定的なものはまだ出会えていない。飾るからには、そこに「これが自分である」という明確なメッセージが欲しいと思う様になった。しかし今も大した主張も持ち合わせないまま適当に撮っているので、そんな一枚に出会える気配すらない。

以前、何度かお仕事をご一緒させて頂いた詩人の谷川俊太郎さんが、面白い事をおっしゃっていた。

「音楽は、意味がないのがいい。」

となると、写真も意味が無いのがいいのかな。

アンリ・カルティエ・ブレッソンは、こことここがこうだから、この構図は完璧だ、完璧だ、完璧だ、と自分の作品を絶賛する。彼は作品の判断に、何故いいのか「理由」を求める。谷川さんも、詩の世界のマイルス・デイヴィスの様な人だ。いずれもクリエイティブの頂に登り詰めた両者が、対極とも思える世界に行き着いた所が面白い。

僕がこのブログを書き始めたのは、単なる情報の共有が最初にあった。ライカとは何者か。何で多くの著名フォトグラファーがライカを愛用するのか。果たしてこいつが本当に価値のあるものなのかという問いが、当初の僕の主眼だった。僕なりに結論めいたものはいくつかあるが、ライカを評価する人もしない人もあっていい。

いずれにしても、僕もそろそろ道具に縛られる時期を卒業しなければならない。ライカは僕には勿体無いくらいの、優れたモノである事は良く分かった。でも本当はカメラなんて何だっていい。写真を撮るのは人間であってカメラじゃない。そっちの方が、僕が投げかけた問の本来の解な気がしている。(と言っても気になる道具の妄想には終わりが無さそうだが)

なのでそろそろこのブログを終了する時期が近づいているのだろう。まだ半年だが、3日坊主にならなかっただけ僕にしては上出来だ^_^ 当初、漠然と誰かに何かを伝えたかった事は、だいたい書いた。

もしかしたら額縁に入れる一枚は、一生撮れないかもしれない。まあそれでもいい。ちょっと考えて、今は空っぽの額縁を飾る事にした。それこそが今の本当の自分であり、いくつになっても探求者でありたいという、今自分が出来る唯一のメッセージでもある。一度満足してしまったら、写真自体が楽しくなくなってしまう気もするし、その後の発展も無くなるかもしれない。だからその絵に出会うのに躊躇する気持ちもある。

このブログのお陰で、決して少なくない素敵な写真仲間に知り合う事が出来た。心から感謝しています。

ライカM10研究会 (Leica M10 Workgroup Japan)
最近、ここの管理者様にお声がけ頂き、仲間に入れて下さったフェイスブックのグループ。本気度の高い日本人が集結していて作品も本当に素晴らしい。こういう所に参加して、お互いに切磋琢磨する事はどんなHow To本より価値がある。

The Leica Portrait Group
こちらもフェイスブックだが、アカウントをお持ちの方はこちらもオススメだ。Flickrを2時間探し回るより素晴らしい作品に簡単に出会える。更新頻度的にも妙に盛り上がっている。(必ずライカが欲しくなるので閲覧注意!)

Leica SL

Leica Portrait Groupで出会った作品。僕はこの写真にひと目惚れしてしまった。このブログで紹介する事に撮影者のTS Sim氏は快く承諾して下さった。(勝手に僕の携帯の壁紙にもしたw)Thank you Sim!


Leica SL + VARIO-ELMARIT-SL F2.8-4/24-90mm ASPH. by TS Sim

Leica SLの発色が、Mよりも全体的に大人しいという僕の見解に変わりないし、そもそも僕はズームレンズを良いと思った体験が一度も無かったのだが、この一枚を見て色々とカルチャーショックが起きている。レンズはSL標準ズームのVARIO-ELMARIT-SL F2.8-4/24-90mm ASPH.

この写真の素晴らしさは撮り手のライティングや現像技術に寄る所が大きいが、こんな素敵な作品が撮れるなら、僕はズームでいい。ズームだけでなくオートフォーカス、手ブレ補正、防塵防滴、4K動画と、Mでは考えられないトピックのオンパレードで、これらの機能をライカレンズで使えるなんて夢の様な話だ。

下の写真はSL用とM用のズミルックス50mm単焦点の比較だが、Leica SLレンズのサイズ感がよく分かる。あれSLって、Mと同じ35mm判だよね?(笑)

デジカメWatchより
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/leica/1088503.html

こんなデカイカメラを使う時は、完全にお仕事モード、撮影モードの時だけなので、カラーチェッカーを使えば色味の問題は、恐らく考えなくてよい。MでもSLでも同じ色になるはずだ。


Leica M10, Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/90, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro.

Summilux 35mm ASPH.

上記グループを眺めていて気がつく事は、ズミルックス35mm ASPH.の使用率が高い事!

このレンズを調べるうち、ある仮説に行き着いた。以前、ローライ2眼の立体感に感動して中判の意義を痛感したのだが、ハッセルでは同様の体験をする事が出来なかった。これはローライは80mmレンズで、ハッセルは120mmレンズをチョイスした事が原因かもしれないと思い始めた。

中判の80mmは35mm換算で6x6cmでいうと約44mm。120mmは66mm相当だ。中望遠ならAPS-Cでも被写体を浮き上がらせる事が出来るが、僕の中での中判の醍醐味は「広角〜標準」域なのに確かな立体感が得られる事こそが、スペシャルだったのだ。(ハッセルも80mmにすれば良かった^_^)これはAPS-Cがどんなに高解像度になっても、決して真似のできない領域だ。

一方、35mm判で中判的な3D感に出会えるレンズを、僕はいくつか知っている。その代表選手が、Leicaノクチルックスとズミルックスだろう。この理屈で行くと、もしかしたらズミルックスは50mmよりも35mmの方こそスペシャルなのではないか。35mmは使わないなんて食わず嫌いを言ってないで、とにかく試すべきだろう。

どうせルクス35mmに行くなら、必然的にオールドも視野に入ってくる。ボケ玉、クセ玉の名声を欲しいままにするSummilux 35mm初期型の作品を眺める度に、自分はやっぱりこっち側の人間だと思いきや、Leica SLの高解像度のポートレートを見るだけで、やっぱり現代レンズにしとこうか、と僕の写真の趣向は、一向に定まる気配もない。


Leica M10, Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/60, ISO 1600) ©2017 Saw Ichiro.


Leica M10, Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/60, ISO 1600) ©2017 Saw Ichiro.

「ほら!M10はこんなに解像するんだぞーすげーだろ」と言わない写真を撮りたいと思ってから、どんどん自分の写真が破綻してきてる事は気付いている(笑)というかこの時はあるイベントのショーで、モデルがこれくらい近くまで容赦なく歩いて来られると、暗くてピンが良く見えないし、マニュアルフォーカスはかなり厳しかった。これを仕事として受けていたらライカMだけでは完全にアウトだった。


Leica M10, Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/60, ISO 1600) ©2017 Saw Ichiro.

巨大なカメラを街中で堂々と構える事は、ステルス的なMとは正反対のアプローチで、あ、カメラマンが居る、とかえって警戒されないとどこかで読んだ。

サイズや重さを度外視してSLが気になって来るなんて、人の心など数ヶ月で180度変わるらしい^ ^。Mを手放す事は考えられないが。


Leica M10, Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/60, ISO 1600) ©2017 Saw Ichiro.

Fujifilm X-T20とLeica M10の比較2
M10ユーザーだから言える、M9のススメ
, , , , ,

Leicaのススメ

ライカを買いたくない人は、読まない方がいいやつ

20190105-L1002477-500x417

Leicaオーナーになるということ

このブログに訪れて下さっている方の中には、まだLeicaを所有していないが、実際ライカってどうなの?と興味がある方も多いと思う。もしも今日、貴方は念願のLeicaを手に入れたとする。その日は恐らく、何ヶ月経っても、何年経ったとしても、貴方にとって忘れられない一日になるに違いない。

Chico-Studio-2018-Apr-200Apr-13-2018

Leica Mの機種別・メリットとデメリットまとめ

最初は誰しも「ライカ+自分」の実験段階から始まる。もう少し発展すると、次第に「自分+ライカ」つまり道具の恩恵にあやかりつつも、主体は人間である事を意識する様になるし、またそうあるべきだ。最後は「自分+カメラ」、もはやライカであるかどうかは重要では無い段階に、至らなければならないと僕は思っている。

Screen-Shot-2017-11-02-at-12.46.02-1-500x417

世界で最も愛されるカメラ(改定)

世界で最も投稿されているカメラをFlickrのカメラファインダーで見てみると、本日付けでダントツでiPhoneだ。2位がキャノン、3位ニコン、4位SAMSUNGのギャラクシー、5位のソニーと続く。フジは7位でライカは15位だった。

Leicaレンズの話

レンズ選びの参考になるかも

DSCF0268Oct-29-2019-500x417

今度はSummilux 50mm F1.4 を考え直してみる

ズミクロンを押した直後に恐縮だが^_^、先日のJLUGの集まりで先輩方のレンズを触らせて頂いた勢いで、久しぶりにズミルックス50を購入してしまった。初代と現行第4世代を経て、今回は第2世代を選んだ。そして悟った。やっぱズミルックス50はむちゃくちゃ面白い!

L1008078Sep-19-2019-500x417

ズミクロン(Summicron 50mm/f2)を考え直してみる

APO-SUMMICRON-M F2/50mm ASPH.登場以降、なんとなくその廉価版的な存在になりつつあるノーマル・ズミクロン50が、今どんな意義があるのか再考してみる。ちなみにアポ50が価格コムで現在99万円、ノンアポが30万と3倍以上の価格差がある。

26692014819_a62c78cd4b_h-500x417

Leicaレンズ沼の攻略法(入門編)

「ライカを買いたいが何がオススメか」と問われたら、ほとんどのライカ・ユーザーは、待ってましたとばかりに、うざいくらいにウンチクを披露しながら懇切丁寧に教えてくれるはずだ(笑)僕も含め、普段からそんな事ばかり考えてる連中だ。

ピーチ先生の構図の添削

ピーチ先生にichiroの構図のダメさをボコボコに指摘されまくるシリーズ。電子書籍も販売中(^^)

02531417af0cec820955c48596318a60-500x417

ご報告:ピーチ先生の「構図の添削」が電子書籍になりました^_^

皆様、お元気ですか?実に5ヶ月ぶりに記事を書いてみている。この間、写真遊びを若干控え、ちょっと仕事なんかしていたが^_^、その中でもいろんな事があった。愛機のLeica S-Eに小さなCCDトラブルがあり、ドイツ行きになり3ヶ月間フジXで頑張っていた事、仕事の関係で久しぶりに渡米し、NYで少し写真を撮った事、そしてマッハ新書から、ピーチ先生の「構図の添削」を出版させて頂いた事だ。

n-34033987_1650069665090430_2732127584312623104_n-500x417

構図の添削3

JLUGで普段からお世話になっている小山 裕之さんが、ピーチ先生の構図の添削を受けてみたいと謙虚に仰って下さった^_^。3枚の素敵なお写真をお預かりしたので、御本人の許可を頂きこちらで一緒に考えてみたい。

S1009240May-24-2018-4

構図の添削2

前回のピーチ先生の構図の添削が思いのほか好評で^_^、むしろベテラン勢の面々が面白がって下さる様だ。敬愛する先輩諸氏から続編をやれと仰せつかったので、今日は一枚に絞って書いてみる。この一枚を改善するとしたら、貴方ならどう処理してOKとするだろうか。

20180506-S1007200May-06-2018-500x417

構図の添削

先日、構図改善大作戦でちょっと紹介したが、最近の僕の写真が現役デザイナーにどの様に指摘されたか、いくつか例題を出してみる^_^。まずは写真を貼って、その次に構図の添削付きを順番に並べるので、答えを見る前にどこを改善すべきか、是非貴方も僕の駄作を添削してみて欲しい。

S1000823Jun_10_2018_2-500x417

問題は、構図だ!

いつも注釈しているがこのブログはベテランの方を対象にしていない。不器用な素人の自虐ネタを赤裸々に書いているだけだが、それなのにたくさんのベテランの方から心温かいメッセージを頂き、謝りたい気分になる(笑)今日も、写真や絵画の専門教育を受けた事の無い、僕と同じくらいの平民の方々ための、構図を改善する初歩的な方法を思いついたので^_^、自分なりに書いてみる。

Leica M型の使い方

オーナーは教えてくれない、ライカは実は超カンタンな件

40314546062_022cc2db7f_h-500x417

現代デジタル・ライカで速射性を考える

クラシック・ライカの速射性は以前、アンリ・カルティエ・ブレッソンの「晴れた日はシャッタースピード1/125s、絞りf8、距離は10feet(5m)に固定」していた逸話から考察してみたが、露出計が内蔵されている現代のデジタル・ライカで、最も合理的な方法とは何かを考えてみた。

38190077842_16eb7bee54_h-500x417

カルティエ・ブレッソンの教えをM10でやってみる

いよいよ仕事が忙しくなってきたので、またこのブログに現実逃避することにする(笑)この秋に手放したHASSELBLAD 50周年記念 500C & Makro Planar CF 120mm F4 T*で撮った最後のフィルムの現像が上がって来た。現像に出そうと思いながら数ヶ月間、使用済みフィルムをバックに入れたまますっかり忘れて持ち歩いていたら、カビが生えてしまった(笑)。それだけM10が面白かったとも言える。汚らしいのでアンダーにして誤魔化す。

33972243596_e33583ad3a_h-500x417

ライカの内蔵露出計

「だってマニュアルだしなあ」とライカに興味はあっても使いこなす自信が持てない人のために、是非ここで紹介してみたいと思っていた。実は、ライカのマニュアル露出は「超」カンタンなのだ。ライカの優れた内蔵露出計がマニュアル操作性を著しく簡単に、便利にしてくれている。

写真に向き合う人のための登竜門

いろんな人からイイこと聞いたり実験したりしたのでシェア

SDIM1451-1-500x417

写真は「滅びの美学」

以前、友人が教えてくれた「貴方は何のために写真を撮るのか」の中に多くのヒントがあったのだが、それでも僕の足りない頭では未だモヤモヤしていた。ところがある日、美輪明宏さんの美しいお言葉の中に、僕の知りたかった答えの全てがあったので是非ここでご紹介したい。

28186919568_845ddedf70_o-500x417

世界に羽ばたけ!LFI、Leica Meet(最終回)

何かのセレクションに入選したり、いいねを頂いたりするのはとても嬉しいし、光栄な事だ。しかしいいねを獲得する事自体が、写真を撮る目的になってはならないと僕は思っている。クライアントが喜ぶ作品が求められる商業写真家と違って、我々写真愛好家は、自分のためだけに写真を楽しんでいい特権がある。

26184088247_b2f22d2c08_h-500x417

貴方は何のために写真を撮るのか

「何のために写真を撮るのか?」「何を撮りたいのか?」
貴方はこの問いに、なんと答えるだろうか。
今日は僕にとって、また写真愛好家にとってとても大事な事を教わったので、是非ともここで共有したい。

カメラ機種別・記事まとめ

B_8442419

Sigma fpL

L1020739

Hasselblad X1D II

38981821960_ed8b90c25d_o

Leica S

M9-P

Leica M9

35285079546_b8447692cf_b

Leica M Typ240

IMG_8970

Leica M10

QS400 Test-002

道具編

B_7972

番外編

Fujifilm X-T20とLeica M10の比較2
M10ユーザーだから言える、M9のススメ