10月 2017

View all on this date written articles further down below.

M10のファインダーも逆光に弱い?

長者ヶ崎の夕暮れ。Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/2, 1/60, ISO 400) ©2017 Saw Ichiro. 確かM6だったと思うが、逆光時にファインダー内でハレーションを起こし、二重像が見えなくなってしまう問題があったと聞いている。未だに誰も話題に出してない様に思うが、実はM10も強い逆光時にピント合わせが厳しくなる。いくら目を凝らしても二重像が全く見えない時があるのだ。これはM9やM240では経験しなかった。 M6の時はブライトフレームから光が漏れてしまう事が原因だったが、M10はブライトフレーム窓は無い。ファインダーがでかくなったから? 僕は逆光が大好きで、気がついてみればほとんどの人物像は逆光気味に撮っているので、これは気に入らない。なんとかならないかなあ。 (そんな時ドイツ人はきっと、笑顔でこう答えてくれるだろう。「見えない時は、背面LVを使えばいいのさ!」) 50mmレンズでノーファインダーに挑戦したが、全くだめだった(笑)200枚くらい適当に撮ったが、まともに被写体がフレームに入ったのは数枚のみ。Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/8, 1/125, ISO 16,000) ©2017…

M10でStreetスナップに挑戦

ストリートで他人にカメラを向けるのが苦手と書いた。苦手を克服するために自分なりに考えて、ノーファインダー作戦に撃って出ることにした。以前から構想はあったが、たまたま高円寺で1時間ほど空き時間が出来たので、ようやく試してみた。 Leica M10 + Leica Summaron 35mm/f3.5 (ƒ/5.6, 1/60, ISO 800) ©2017 Saw Ichiro. 森山大道もどきはいつの時代も必ず出るらしいが、Leica M10でこんな撮り方をする人はまだ多くあるまい。(^ ^)モノクロだとまんまになってしまうし、せっかくのM10なのでカラーで行ってみた。 素晴らしい解像度のM10が、こんな写真では台無しと言う見方もあるが(笑)実はこういう撮り方もM10ならではの部分もある。こういう絵ならISO 16,000くらい(1,600では無い)へっちゃらなM10だからこそ、夜でもガッツリ絞れるのだ。M9だとそうはいかない。 どれもf5.6固定、シャッタースピードは1/60固定、ISO Autoでフォーカスは5m固定。全てノーファインダーだ。レンズはズマロン35mm f3.5。 全体的にまだ寄りが足りない気もした。35mmの場合、相手にM10の静かなシャッター音が聞こえるくらいの距離感で撮る必要がありそうだ。やっぱり僕の距離の取り方は50mmなのか。どうせパンフォーカスを狙って絞るので、50mmならズミクロンで試しても面白そうだが、ノーファインダーでどこまで狙ったモノがフレームに収まるか、これから実験が必要だ。 歩きながらテキトーに撮りまくるので、ブレ感は欲しいが、ある程度シャッタースピードが無いとブレがひどすぎる。最初は1/45で試してダメで、途中から1/60に切り替えた。もしかしたら1/90くらいで、ブレ感が好みに近くなるかもしれない。片手に握ってぶら下げた様な状態でシャッターをを押すので、M10は結構重量があり、やりやすいとは言えない。最近のフジX-E3あたりにズマロンを付けるのが、軽いし小さいし、このやり方には理想的かもしれない。 躍動感のある、活きた写真を撮りたい願望は以前からあるが、まともにカメラを構えるより、ノーファインダーの方がずっとイメージに近くなる。しかもブレた写真を撮りまくっていると、ブレてないショットが物足りなく?見えてくる。なんだか癖になりそう。。。 ここから先は一応ファインダーを使って撮った。 Leica M10 + Leica…

MacBook Pro 15 inch (2017) (10月21日追記)

ここ一年で急に写真熱が再燃、今まで使っていた13インチでは力不足を感じるようになり、2.9GHzクアッドコアIntel Core i7モデルに買い換えた。 僕の場合は写真は100%ラップトップでやる。メインのデスクトップマシンは仕事専用で、分電盤のブレーカーを上げないと使えない特殊な環境になっている。Macと同時に大量のClass-A ディスクリートや真空管機材も一緒に立ち上がるので、ちょっと写真で遊ぶ環境ではない。自宅と仕事場、それに札幌や海外出張も結構あり、日常の仕事は僕はラップトップ必須だ。起きてる時間の多くはMac画面を見て過ごしているし、こいつはまさに僕の右腕なのだ。 2011年からずっと13インチを使っていてそのサイズ感には満足していたが、今回15インチにしたのは15インチが薄く軽くなったからだ。現行13インチが1.37kg、15インチが1.83kgで、その差は460g。今まで使っていたmid 2014の13インチは1.57kgで、今の15インチと260gしか変わらないのだ。ズミクロン50mm一個分。 USBなどを全廃してしまった事は世間では批判的だが、そのお陰でMac本体がこれだけ軽量化、薄型化できたのなら僕は大賛成!この様な便利な外付けツールがあるので、SDカードもUSBも全く困らない。しかもこれはカッコいい茶色の革?ケースまで付く。 現行13インチは460g軽い訳だが、15インチは460gと引き換えに、こと写真のワークフローおいて得るものが多い。13インチはデュオしか選べないが、15インチはクアッドコアに加え、同じIntel Core i7に見えて実はL3キャッシュが15インチのみ大容量化されている。GPUも15インチは独立しているが13インチはiGPU(CPUに内蔵されたグラフィクス )しか選べない。 この辺りはAdobe Lightroomのワークフローにモロに効いてくる。5976x3984の24メガピクセルのライカDNGファイルを完全に表示し終わるのに、今まではいちいち多分3秒くらい?待たされていたのが嘘の様だ。ガンガン次の写真に進んで行ってもサックサクだ。 背面のリンゴマークが光らなくなった事も世間では不評の様だが、フォトグラファー的には大歓迎だ。以前、ブツ撮りの際にここの光がガラスに映り込んでしまった事があり、アップルは現場の声を正しく反映していると思う。同じ観点から、色はもちろん、より地味なスペースグレーを選んだ。 キーボードは僕は絶対USキー派だ。日本語JISキーは余計なキーが二つ追加される事で、特にショートカット周りが良く工夫されている、オリジナル配列の合理性が崩れてしまうからだ。だいいち、キーボードに使いもしない「あ」とか「ぬ」とか書いてあるのは美観を損ねる。どこの音楽スタジオでもUSキーが当然の様に使われるのは、プロツールスのショートカットが日本語キーではやりにくくて仕方ないから。 最初はポイントが付くヨドバシに行ったが、15インチのUSキーの取り扱いが無いという事で却下。ビックカメラに電話したがこちらもダメで、仕方無くポイント割引の無い銀座アップルストアに直行した。Macのポイントで不当に高いM10の予備バッテリーを買う計画は撃沈。 最初はCPUだけ最高のものにアップグレードしようと思っていたが、アップルストアでは税込で40万円近い全部盛りしか在庫してないとの事だったので、デカい内臓ストレージは必要ないので普通の2.9GHzモデルに決めた。 実家のベランダに咲いていた。野牡丹というらしい。Leica M10 + Voigtländer 50mm f/1.1 Nokton (ƒ/1.1, 1/350, ISO 100) ©2017…

報道写真家、Steve McCurry スティーブ・マッカリー

マグナムの写真集はいくつか持っているが、このYoutubeは忘れたくなかったので、ここにとっておく事にした。 彼の写真は、他のどんな素晴らしいアート作品より僕の心に残る気がする。ほとんどショッキングだ。それをライカの超写実的描写で撮る。ニコンも愛用しているそうだが、色味が本当に美しい。 こういう強烈な写真は、その現場に行ったから撮れたのか。写真家としての能力より混乱の地に足を運ぶ勇気に価値があったのか。じゃあ自分が行ったら似たような写真を撮れただろうか?? ナショナルジオグラフィック1985年6月号の表紙になった、スティーブ・マッカリー「アフガンの少女」 もしこれが50mmレンズだったとしたら、ほとんど最短距離か、1mほどの至近距離に見える。もうちょっと長いレンズかな。 そもそも僕はストリート・スナップが苦手だ。近距離から他人にカメラを向ける事が出来ないからだ。特に日本人は他人に無断でカメラを向けられるのを嫌うし、中には自分の子供にいちいちモザイクを入れる人や、クルマのナンバーを必ず消す人も居る。海外でそういう人を見たことが無いのだが、どういう訳か日本人はその辺を妙に怖がる。それほど怖がってる人にカメラを向けるのは、やっぱりどうも腰が引けてしまう。遠慮しすぎる方も日本人。 以前一度、通りかかった窓越しのBarの光が美しかったので、カメラを構えたら中の女性が「きゃー何々?え?」と声を上げて、周囲がみんな振り向いて不信な目で睨まれた事があった。僕は逃げる様に立ち去った。確かに撮られた相手にしてみたら、変態と紙一重だな、とその時に納得、反省した事がある。 被写体が怒りにも近い、えなに?ふざけんな、みたいな眼差しをカメラに向けているスナップを時々見る。その度に僕はその写真家を、強いなあと尊敬してしまうのだ。 ちなみに英語圏では、単に写真を撮る事をスナップと呼ぶ。足を使って光を適切な構図に配置し、ストーリーに属さないものをフレームから外し、必要なモノをフレームに入れシャッターを押したものを「フォトグラフィー」と呼ぶらしい。 アフガンの少女にあんな眼差しで見つめられながら、1mの至近距離で露出も構図も整えて堂々とシャッターを切る事が、僕に出来るだろうか。。。

M10の最大露出時間設定は正常か?(10/14追記)

「晴れ時々ジャズ、雨のちカメラ」の汎猫さんのM10のレビューを見て、あれ??となった。僕が実験する限り、1/焦点距離などの最大露出時間は、Leica Mデジタルは効果が無いという結論だったのだが、汎猫さんはこの機能を評価している。あれ?自分の使い方がおかしい?という事でもう一度実験してみた。 まずISO Autoにせずに、最低シャッタースピードを制限するオプションはLeicaには無い。ISO Autoの中にその項目は確かにある。これはM Typ240でも同じ。とりあえずSSもA、ISOもAにして、写真の様に最大ISO 3200、最大露出時間は60分の1秒に設定する。これで本来なら当然、60分の1秒を切らないはずだ。 たまたまノクトンf1.1が付いてたので、そのままだとISO3200も不要なので、F16まで絞る。 で、撮ってみる。。。 Leica M10 + Voigtländer 50mm f/1.1 Nokton (ƒ/16, 1.5s, ISO 3200) ©2017 Saw Ichiro. シャッタースピード1.5秒。。。 なんか使い方間違ってますか?(笑) 最大ISOはちゃんと効く。最大ISOを800にしてみると、シャッタースピードが平気で8秒とか行く。ノクトンは6bitコードが無いから、1/焦点距離が使えないのは分かるにしても、何のために具体的にSSを指定するのか。M typ240でも全く同じだった。 当時はM240だったが、新宿のMap cameraのライカスタッフを捕まえて、一時間くらいこの件を問いただして、2台M240を出してきてみんな集まってきてワイワイやったが、なんとなく分かった様な分からない様な、煮え切らない感じだった。少なくとも故障では無いという。仕様だそうだ。だから僕はこの機能は無いものとして、SSは固定で使う。それで特に問題は無い。 でも汎猫さん、教えて下さい、、、…

M10のWifiをテストする

Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/16, 1/125, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro. Leica M10をLeica M10で自撮り。ミラーに写るM10に向かって、M10のWifi機能を使ってiPadでシャッターを切った。Nissin Di700Aを2台、左右から当てている。 Vogue - beyonce フォトグラファー不明 こんなのや、、、 またまたVogue。誰? フォトグラファー不明 こんな写真を、実は僕はLeicaで撮ってみたいと思っている訳で、、、 こういうビッシビシの現代的な作品なら、Leica M10とASPH系レンズの組み合わせこそ、最高に面白いんじゃないかと思う訳で。 僕は持っていないが解像番長のApo Summicron的なレンズと合わせたら、もしかしたらHasselblad+Phase…

フォクトレンダー NOKTON 50mm F1.1とM10

外は寒い - 札幌。Leica M10 + Voigtländer 50mm f/1.1 Nokton (ƒ/1.1, 1/60, ISO 400) ©2017 Saw Ichiro. ご多分に漏れず、ノクチルックスまでの時間稼ぎに(笑)ノクトン50mmを試してみる事にした。元々ブランド思考な訳では無いのだが、ライカのレンズを使いたくてライカの世界に入ったのに、ライカブランド以外のレンズをライカボディで使う事に、心の中でちょっとした不整合がある。その殻をはじめてノクトンが破ってくれた。何せヤフオクで7万円だ。 島松伝道所の木 - 札幌。Leica M10 + Voigtländer 50mm f/1.1 Nokton (ƒ/1.1, 1/350, ISO 100)…