2019年10月16日 ichiro

ズミクロン(Summicron 50mm/f2)を考え直してみる

Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/4000, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro.

APO-SUMMICRON-M F2/50mm ASPH.登場以降、なんとなくその廉価版的な存在になりつつあるノーマル・ズミクロン50が、今どんな意義があるのか再考してみる。ちなみにアポ50が価格コムで現在99万円、ノンアポが30万と3倍以上の価格差がある。

最も信頼する50mmは何かと問われて、ズミクロンの名前を挙げる写真家は少なくない。まさに世界のリファレンスと言うべき歴史を持っているし、僕がライカの世界に辿り着いたきっかけは、まさしくズミクロン50だった。

明瞭度を下げてちょっと柔らかくするのがマイブーム^_^。Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/250, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro.

だいぶ以前に、ベストな標準レンズはどれだ!という探究心に火がついた。Sony α7を使っていた頃だ。何かをやり始めると思い切りハマる体質だった僕は、自由時間の99.9%を費やし、毎日様々な50mmレンズの作例をFlickrで見まくり、自分でも買いまくり、売りまくっていた。その当時の僕はZeissファンだったので、ビンテージからコンタックス、コシナ製まで、結構いろいろ試した。他の日本ブランドもいくつか試した。当時、高解像度で話題をさらっていた新生Sigmaシリーズなんかも一時期手元にあった。その多くは売ったり、壊したり、人にあげたりした。

今日は昔のα7時代の写真をいろいろ引っ張り出してみた。Carl Zeiss Planar T* 45mm F2(Sony α7)も面白いレンズだったが、湾曲が。。。^_^©2015 Saw Ichiro.

そしてズミクロンに行き着いた。解像度、発色、均一性、正確性、あらゆる局面で突出していた。当時の僕はレンズに何十万も払う感覚は無かったのだが、意を決して最初にSummiluxを選んだのは、単に口径が大きい方が偉いと考えたからだ。

ほどなくして第二世代ズミクロン50mmも手に入れた後、結局、第1世代(固定鏡胴)、第4世代現行と、世代違いのズミクロンを3本経験した。

ベルリン。Leica Summicron 50/f2.0 第二世代(α7)©2016 Saw Ichiro.

不思議な事にライカで撮られた平面写真は時々、両目で見ている様な錯覚に陥る描写になる。これをライカの立体感とか、海外ではLeicaの3D描写とか言われている事は後から知った。(一部の古いZeissにも近い印象のレンズはあった)

ズミクロンはそれまで僕が経験したどの50mmよりも解像力があるのに、絵が柔らかく自然だった。しかも軽くて小型と来た。僕の50mmレンズの旅の終着点は、疑いなくLeicaだった。

Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/4000, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro.

Leicaを所有する目的は、その画作りや性能に感嘆したり、そのブランドの息遣いや哲学を垣間見る喜びだったり、カメラという物体そのモノを愛でる楽しみもある。でもせっかく素晴らしい道具を手にしたのなら、ある程度まじめに写真に打ち込む方が、もっと楽しい。

自分は素人だから。センスが無いから。単なる趣味だから、、、。

これらは自分の心が傷つかない様、予め保険をかけておくためのセリフだ。良い写真とは何かを考えるには、面白くない写真とは何かを考える事に等しい。何が人の琴線に触れるのか。僕は答えはさっぱり分からないが^_^、それを自分の頭で考え、試行錯誤する活動すべてが写真をやる本当の意義だし、それは自らの感性を研ぎ澄ます工程に他ならない。

 

ミニ三脚を忘れたので、地面に押し付けて1/2秒で撮った。Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/2, ISO 800) ©2019 Saw Ichiro.

ズミクロンよりボケるレンズはたくさんある。SummiluxやNoctiluxは、もっと3Dだし何を撮ってもそれなりに面白くなりやすい。アスフェリカル・レンズの方が解像度だけで驚かせてくれる場面も多い。

ズミクロンはそんな飛び道具的な味付けは何もない。今となってはズミクロンの解像度に驚く事も無い。僕にとってズミクロンは、ただ真面目にまっすぐに、撮り手が見たシーンを出来るだけ正確にごく「普通」に再現してくれる。

となると、少しでも写真を良くしたい意思があるならば、大口径レンズより超高解像度レンズより、もう一歩深掘りする事が要求される。ボケにも寄りにも頼れない場合、写真のもっと本質的な光と影に意識を向けなければ、ただライカ品質で「これは壁です」「これは猫です」と説明する以上の何も写ってくれない。

Leica M9-P, Summicron 50mm/f2.0  (ƒ/2.0, 1/4000, ISO 160) ©2019 Saw Ichiro.

ライカを使うと写真が下手になる様に感じるライカユーザーは少なくないと思われ(自分がそうだった^_^)、その多くはズミクロンの洗礼を受けたからじゃないかと思ったりもする。それはズミクロンを前に、使い手の本当の力量が露呈してしまったに過ぎない。自分がいかにボケだけに頼っていたのかを思い知らされるのだ。

構図と光の陰影を見つめ直し試行錯誤を続ける期間こそ、最も写真の深淵部に近づけるとするならば、ノーマル・ズミクロンこそ最高の先生じゃないか。そういう想いで、以前手放した現行を最近買い直した。

この理屈の良い所は、ただ小遣いが足りずにAPOズミクロンが買えなかっただけではないと、自分に言い聞かせる事が出来る(笑)とは言えズミクロンで撮れない人がアポズミクロンで撮れるはずもないし、100万円の究極レンズを手に入れるのは、球面ズミクロンをボロボロになるまで使い込んでからでいい。

 

ズミクロンは現行がベストか?

僕はフード内蔵バージョンの第4世代(現行)を買ったのだが、個人的には一つ前の第3世代にすれば良かったかな?と思っている。フードを引き出したまま固定する事が出来ない上に、フードの奥行きが非常に浅いために、レンズ保護としての役割を果たさない。

僕の様なレンズにフィルターもキャップも付けたくない派でも、流石にバッグの中でレンズが常に何かに擦れ続けるのは嬉しくない。うちの娘(小学生)がライカを貸せと言って撮りまくるのだが、テーブルとかにレンズをガンガンぶつけまくるし(笑)結局内蔵フードは収納したまま、39mm径の社外フードを装着する事にした。その方が万一カメラを落としてもレンズ保護になるし、安心してキャップ無しで裸でバッグに放り込んでおける。

社外フードを装着した第4世代・現行ズミクロン50。

何より第3世代はフォーカスレバーがあるのが最大のポイントだ。ファインダーを覗く前からフォーカスリングに触るだけで、最後に使った状態が最短付近にあるのか、1mなのか、無限遠付近なのか、大凡の距離感をカメラを構える前に当たりが付けられるのは、僕にとって6bitコードよりずっと大きなメリットだ。(現行はレバー無し)

この金属製社外フードをチョイスした。ズミクロン50でケラレ無い事を確認済み。

 

おまけ:SummicronとSummiluxの違いのイメージ

Summilux 50 とSummicron 50の詳細な違いが書かれたサイトはあまり見かけないと思ったので、持っている人は退屈かもしれないが、それぞれユーザーとして率直に感じていた違いを列挙してみる。

解像度
現行のズミルックスASPH.の中心解像度は、ズミクロンよりもちょっとだけ上に感じるのは、ズミルックスの描く線がより細く繊細に感じるからかも。とは言えズミクロンの解像力も他社のほとんどのレンズのそれより高いし、必要にして十分だ。むしろ長く使っていると、アスフェリカルが尖すぎると感じる様になったりする。


1970年に製造されたレンズとは思えない写りと、当時驚いた事を覚えている。Leica Summicron 50/f2.0 第二世代(α7)©2016 Saw Ichiro. 

ズミクロンのメリットは中心と周辺の差がほとんど無く、例えば被写体をフレームの四隅に持って行く様な場面では、ズミクロンの方が安心感がある。今でこそ両者に大した差は無いが、オールド・ズミルックスは明確にオールド・ズミクロンに解像力で負けていた。

オールドズミルックスはよく言えばかなり柔らかい、悪く言えばフワフワで緩いので、人や植物を柔らかく撮るにはハマるが金属や風景を撮るなら解像度がイマイチ足りないので、後から明瞭度を上げたくなるかもしれない。

モンマルトルの朝。多分あとから多少いじっている。 Sony ILCE-7, Leica Summilux-M 2nd 1:1.4/50 (ƒ/1.4, 1/125, ISO 1600) ©2015 Saw Ichiro.

湾曲
ズミルックスは樽型の湾曲が結構ある。この点もズミクロンの明らかな優位性で、ズミクロンのビシっと決まった輪郭が、いかにも優秀なレンズ然としている。例えば建物を正確に記録する様な用途では、ズミクロンの方が線が気持ちよく直線に描かれると思う。(別にズミルックスでも問題はないけど)

Leica Summicron 50/f2.0 第二世代(α7)©2016 Saw Ichiro.

柔らかさ、優しさ
単純に被写界深度がズミルックスの方が狭いため、アウトフォーカス部分が画面を占める割合が多い。なのでズミルックスの方が全体的に柔らかく優しく見える。現行非球面ルクスの場合、その優しさに対するピンの鋭さの対比が面白く、女性ポートレートはズミルックスに一票。ズミクロンはあくまで全面に正確、冷静に記録する感じ。ズミクロンのボケはf2.0成りなので、当然フワトロのボケは期待出来ない。

Sony ILCE-7, Leica Summilux-M 2nd 1:1.4/50 (ƒ/1.4, 1/8000, ISO 100) ©2015 Saw Ichiro.

発色
ズミクロン50は40年間基本設計が変わっていないそうだが、世代により発色は結構違う。全世代試した訳では無いが、少なくとも第二世代までのズミクロンの発色は総じて淡白というか、渋めと言っていいと思う。一方、ズミルックスは初代貴婦人の後期(200万台以降)からどういう訳か鮮やかで、モノクロ時代だったにも関わらず、特に人肌がオールド・ズミクロンよりも血が通って素敵に見える事が度々ある。こういう事はスペック表では何も教えてくれない。


葉山のとあるセレクトショップにて。Leica M10, Leica Rigid Summicron 1:2/50 (ƒ/2.0, 1/125, ISO 100)

これは僕のピンが甘かっただけで、本来は瞳がもうちょっとシャープに映る^_^ – Montmartre, Paris. Sony ILCE-7, Leica Summilux-M 2nd 1:1.4/50 (ƒ/1.4, 1/125, ISO 1600) ©2015 Saw Ichiro.

フォーカスのしやすさ
例えばバストアップのポートレートをフレームに収めるくらいの距離感の場合、f2だとだいたい人間の頭ひとつ分程度の被写界深度がある。f1.4では片方の瞳にピンが来て、もう片方は外れる様な場面もあったり、ズミクロンの方が気楽と言えばそうなる。だからと言ってレンジファインダーのピント合わせは一目瞭然なので、余程視力に自信が無い訳でもなければ、f1.4でもさほど難易度が高い訳ではない。(走り回られると開放じゃお手上げだが^_^)

マニラのストリート・チルドレン。f1.4開放。Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/500, ISO 100) ©2018 Saw Ichiro.

ライカMで速射性を求めストリートではf8.0、ピント固定で使う事を考えれば、どうせ絞るならより軽く小さく湾曲の少ないズミクロンを選ばない理由は無い。線が細く繊細なズミルックスに対してズミクロンは描写に力強さがある。ズミルックスは優しく上品に写るのが最高の美点だ。貴婦人とは古いルクスの相性だが、レンズの外見だけでなく被写体も貴婦人にしてくれる事がある。

ちなみに現行ズミルックスの内蔵フードは、マイクロビス一点留めで、携帯中に振動で外れてフードだけ脱落した事がある。(お持ちの方は時々増し締め確認をオススメします^_^)現行ズミクロンの内蔵フードは構造上、その様な心配は無い。

友人は立てていたルクスがパタンと倒れただけで、内蔵フードが変形してしまい悲しんでいた。内蔵フードのズミルックスは美しいが、こちらもやはりフードは外付けがベターと個人的には思っている。

懐かしいのが出てきた。昔はこんなコラージュで遊んでいた。Sony ILCE-7, Leica Summilux-M 2nd 1:1.4/50 (ƒ/1.4, 1/320, ISO 100) ©2015 Saw Ichiro.

Hasselblad X1D II 50Cと907X 50Cが気になる話
Japan Leica User Groupの会
, , , , , ,

Leicaのススメ

ライカを買いたくない人は、読まない方がいいやつ

20190105-L1002477-500x417

Leicaオーナーになるということ

このブログに訪れて下さっている方の中には、まだLeicaを所有していないが、実際ライカってどうなの?と興味がある方も多いと思う。もしも今日、貴方は念願のLeicaを手に入れたとする。その日は恐らく、何ヶ月経っても、何年経ったとしても、貴方にとって忘れられない一日になるに違いない。

Chico-Studio-2018-Apr-200Apr-13-2018

Leica Mの機種別・メリットとデメリットまとめ

最初は誰しも「ライカ+自分」の実験段階から始まる。もう少し発展すると、次第に「自分+ライカ」つまり道具の恩恵にあやかりつつも、主体は人間である事を意識する様になるし、またそうあるべきだ。最後は「自分+カメラ」、もはやライカであるかどうかは重要では無い段階に、至らなければならないと僕は思っている。

Screen-Shot-2017-11-02-at-12.46.02-1-500x417

世界で最も愛されるカメラ(改定)

世界で最も投稿されているカメラをFlickrのカメラファインダーで見てみると、本日付けでダントツでiPhoneだ。2位がキャノン、3位ニコン、4位SAMSUNGのギャラクシー、5位のソニーと続く。フジは7位でライカは15位だった。

Leicaレンズの話

レンズ選びの参考になるかも

DSCF0268Oct-29-2019-500x417

今度はSummilux 50mm F1.4 を考え直してみる

ズミクロンを押した直後に恐縮だが^_^、先日のJLUGの集まりで先輩方のレンズを触らせて頂いた勢いで、久しぶりにズミルックス50を購入してしまった。初代と現行第4世代を経て、今回は第2世代を選んだ。そして悟った。やっぱズミルックス50はむちゃくちゃ面白い!

L1008078Sep-19-2019-500x417

ズミクロン(Summicron 50mm/f2)を考え直してみる

APO-SUMMICRON-M F2/50mm ASPH.登場以降、なんとなくその廉価版的な存在になりつつあるノーマル・ズミクロン50が、今どんな意義があるのか再考してみる。ちなみにアポ50が価格コムで現在99万円、ノンアポが30万と3倍以上の価格差がある。

26692014819_a62c78cd4b_h-500x417

Leicaレンズ沼の攻略法(入門編)

「ライカを買いたいが何がオススメか」と問われたら、ほとんどのライカ・ユーザーは、待ってましたとばかりに、うざいくらいにウンチクを披露しながら懇切丁寧に教えてくれるはずだ(笑)僕も含め、普段からそんな事ばかり考えてる連中だ。

ピーチ先生の構図の添削

ピーチ先生にichiroの構図のダメさをボコボコに指摘されまくるシリーズ。電子書籍も販売中(^^)

02531417af0cec820955c48596318a60-500x417

ご報告:ピーチ先生の「構図の添削」が電子書籍になりました^_^

皆様、お元気ですか?実に5ヶ月ぶりに記事を書いてみている。この間、写真遊びを若干控え、ちょっと仕事なんかしていたが^_^、その中でもいろんな事があった。愛機のLeica S-Eに小さなCCDトラブルがあり、ドイツ行きになり3ヶ月間フジXで頑張っていた事、仕事の関係で久しぶりに渡米し、NYで少し写真を撮った事、そしてマッハ新書から、ピーチ先生の「構図の添削」を出版させて頂いた事だ。

n-34033987_1650069665090430_2732127584312623104_n-500x417

構図の添削3

JLUGで普段からお世話になっている小山 裕之さんが、ピーチ先生の構図の添削を受けてみたいと謙虚に仰って下さった^_^。3枚の素敵なお写真をお預かりしたので、御本人の許可を頂きこちらで一緒に考えてみたい。

S1009240May-24-2018-4

構図の添削2

前回のピーチ先生の構図の添削が思いのほか好評で^_^、むしろベテラン勢の面々が面白がって下さる様だ。敬愛する先輩諸氏から続編をやれと仰せつかったので、今日は一枚に絞って書いてみる。この一枚を改善するとしたら、貴方ならどう処理してOKとするだろうか。

20180506-S1007200May-06-2018-500x417

構図の添削

先日、構図改善大作戦でちょっと紹介したが、最近の僕の写真が現役デザイナーにどの様に指摘されたか、いくつか例題を出してみる^_^。まずは写真を貼って、その次に構図の添削付きを順番に並べるので、答えを見る前にどこを改善すべきか、是非貴方も僕の駄作を添削してみて欲しい。

S1000823Jun_10_2018_2-500x417

問題は、構図だ!

いつも注釈しているがこのブログはベテランの方を対象にしていない。不器用な素人の自虐ネタを赤裸々に書いているだけだが、それなのにたくさんのベテランの方から心温かいメッセージを頂き、謝りたい気分になる(笑)今日も、写真や絵画の専門教育を受けた事の無い、僕と同じくらいの平民の方々ための、構図を改善する初歩的な方法を思いついたので^_^、自分なりに書いてみる。

Leica M型の使い方

オーナーは教えてくれない、ライカは実は超カンタンな件

40314546062_022cc2db7f_h-500x417

現代デジタル・ライカで速射性を考える

クラシック・ライカの速射性は以前、アンリ・カルティエ・ブレッソンの「晴れた日はシャッタースピード1/125s、絞りf8、距離は10feet(5m)に固定」していた逸話から考察してみたが、露出計が内蔵されている現代のデジタル・ライカで、最も合理的な方法とは何かを考えてみた。

38190077842_16eb7bee54_h-500x417

カルティエ・ブレッソンの教えをM10でやってみる

いよいよ仕事が忙しくなってきたので、またこのブログに現実逃避することにする(笑)この秋に手放したHASSELBLAD 50周年記念 500C & Makro Planar CF 120mm F4 T*で撮った最後のフィルムの現像が上がって来た。現像に出そうと思いながら数ヶ月間、使用済みフィルムをバックに入れたまますっかり忘れて持ち歩いていたら、カビが生えてしまった(笑)。それだけM10が面白かったとも言える。汚らしいのでアンダーにして誤魔化す。

33972243596_e33583ad3a_h-500x417

ライカの内蔵露出計

「だってマニュアルだしなあ」とライカに興味はあっても使いこなす自信が持てない人のために、是非ここで紹介してみたいと思っていた。実は、ライカのマニュアル露出は「超」カンタンなのだ。ライカの優れた内蔵露出計がマニュアル操作性を著しく簡単に、便利にしてくれている。

写真に向き合う人のための登竜門

いろんな人からイイこと聞いたり実験したりしたのでシェア

SDIM1451-1-500x417

写真は「滅びの美学」

以前、友人が教えてくれた「貴方は何のために写真を撮るのか」の中に多くのヒントがあったのだが、それでも僕の足りない頭では未だモヤモヤしていた。ところがある日、美輪明宏さんの美しいお言葉の中に、僕の知りたかった答えの全てがあったので是非ここでご紹介したい。

28186919568_845ddedf70_o-500x417

世界に羽ばたけ!LFI、Leica Meet(最終回)

何かのセレクションに入選したり、いいねを頂いたりするのはとても嬉しいし、光栄な事だ。しかしいいねを獲得する事自体が、写真を撮る目的になってはならないと僕は思っている。クライアントが喜ぶ作品が求められる商業写真家と違って、我々写真愛好家は、自分のためだけに写真を楽しんでいい特権がある。

26184088247_b2f22d2c08_h-500x417

貴方は何のために写真を撮るのか

「何のために写真を撮るのか?」「何を撮りたいのか?」
貴方はこの問いに、なんと答えるだろうか。
今日は僕にとって、また写真愛好家にとってとても大事な事を教わったので、是非ともここで共有したい。

カメラ機種別・記事まとめ

B_8442419

Sigma fpL

L1020739

Hasselblad X1D II

38981821960_ed8b90c25d_o

Leica S

M9-P

Leica M9

35285079546_b8447692cf_b

Leica M Typ240

IMG_8970

Leica M10

QS400 Test-002

道具編

B_7972

番外編

Hasselblad X1D II 50Cと907X 50Cが気になる話
Japan Leica User Groupの会