Lightroom

サブスクリプションの勝手な未来予想図

映像の世界ではAdobe、音の世界ではAvidと、それぞれ代表的な企業がほとんど同時期にサブスクリプションに移行した。一種の流行りだ。プロ連中はそれがまさに生きる糧だから、サブスクリプションを受け入れる以外にない。しかし購買層ピラミッドの大多数を締める、アマチュア、ハイアマチュア、セミプロの人達は、本当にアプリを使うために半永久的な負債を承諾するだろうか。 サブスクリプションは、圧倒的にメーカー側にメリットがある。今までは、企業が提供する新機能に魅力があれば、ユーザーは買う。無ければ買わない。主導権は消費者にあった。しかし一度でもサブスクリプションの成約に成功した企業は、今後末永く、新モデルを買うか買わないか、その選択権をユーザーから奪う事が出来る。 僕の様な怠惰な人間は特に危ない。数年経って、写真の趣味もなんとなく飽きた頃には、恐らく僕は、毎月アドビに1000円払い続けている事などとっくに忘れたまま、ほとんどアプリを使ってもいないのに残りの人生の間中、カードから引き落とされ続ける事になる。そんな人が世界中に溢れる。 この世の常として、収入が安定すると人は堕落する。サブスクリプションで経済的な成功を収めた企業が、最初の数年はともかく、今後も今までと同じ勢いでイノベーションを開発し続けるとは、僕は思っていない。 現にLightroom6からCCに移行させるために、アドビはほんの小さな機能を一つ追加しただけで、あとはまるっきり同じアプリだ。すでに企業は最初から、ユーザーにメリットを提供する事よりも、サブスクリプションを契約させる事の方が先行してしまっている。 サブスクリプションで無くても、一度世界的に成功を収めたディベロッパーの上層部が、すっかり創業時のモチベーションを失い、機材の中身がどんどんコストダウンされ粗悪化されて行くのを、僕は音の世界で目の当たりにしてきた。社長は今では南の島でワインを楽しんで暮らしている話まで知っていたりする。 Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/8, 0.5s, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro. 一方、Appleコンピューターは新機種が出ると、過去のOSを排除する。OSが新しくリリースされると、過去のアプリは動作保証されないから、サブスクリプションを拒絶した過半数のユーザー達は、今のOSから次に進む事が出来ない。新OSへの移行が出来ないから、新しいMacを買う事が出来ない。 携帯電話のキャリアは、似たようなサブスクリプション・ビジネスで巨万の富を築いたが、スマートフォンは人々にとって非常に大きなイノベーションだった。だから受け入れられた。しかしコンピューター、アプリの世界では、それほどのインパクトがあるだろうか。 CPUのスペック的にも、アプリケーションがもたらすイノベーション的にも、現代は既に飽和状態にある。現状のコンピューターでほとんどのユーザーは事足りる。だから新しいMacを買う事は、もはや「マスト」では無い時代になってきた。今後ますますそうなる。 結果、サブスクリプション・ビジネスは、アップルの経営まで脅かすのではないか。そしてサブスクリプションを採用した企業はことごとく堕落し、もはや国際競争力を失うのではないか。代わりの若手の第三者の新星アプリなども出現するだろう。そんなスパイラルがふと、僕の頭をよぎるのだ。アドビの様な大企業は、そんな事にはならないと信じたいが。。。

Adobe Lightroom 6かCCか?

Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/2000, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro. Lightroom5.7は、Leica M10のRawファイルの取扱いに不具合があったので、僕はサブスクリプション・バージョンのAdobe CCでは無く、スタンドアローンのLightroom6を購入した。M10にはLightroom CCの3ヶ月無料優待が付いているが、Lightroom CCは、僕にとって導入しがたい問題があった。 CCは二台のPCにインストール出来るので、デザイナー用のMacにPhotoshop等も必要なのでCCで良いかと思っていたのだが、2台同時起動が出来ない事が分かった。彼がアドビを立ち上げている間、僕は写真で遊べない。まあそれは理解出来る。しかしもっと問題なのは、Wi-Fi環境下でないとLightroomを起動出来ないのだ!(常にオンラインでなくても良いそうです。) 僕の場合は写真は100%Macbook Proを使っており、旅行先や撮影現場でその場で取り込んで詳細を確認する事があるので、いちいちWi-Fiが必要なアプリは論外なのだ。 しかしLightroom6スタンドアローン版の入手は2017年9月現在で既に困難になっている。アドビは全ユーザーをサブスクリプションに移行させようと必死だ。スタンドアローン版がとても見つかりにくくなっている。4月かそこらに店頭在庫がなくなり次第、Lightroom6は販売終了するアナウンスがあったそうだが、今はまだAmazonでダウンロードバージョンを取り扱っていた。 15,708円。いつまで販売が続くとも限らないから、慌てて購入した。1年4ヶ月以上Leica M10を使い続けるなら、こっちの方がお得だ。Leica Mの新機種はだいたい4年スパンで出るとして、M10の画質が既に究極的な事を考慮し2世代めまで買い換えないと仮定すると、8年。M10を8年間使い続けるとすれば、その間は機能的に既に十分なLightroomの買い替えも発生しないし、恐らくM10のファームウェア・アップデートがあったとしても、Lightroomの互換性まで影響する可能性は低い。8年間サブスクリプションを払い続けると、94,080円。M10導入検討中でLightroomバージョンが5以下の人は、今のうちに6だけ買っておいても良いかもしれない。 Leica M10 + Leica…

ライカ M10の色

Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/250, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro. 少しづつ、日常の中でシャッターを押していて、だんだん色々な事が分かってくる。オートホワイトバランスが良くなったのだろう、特に背面液晶で見ると、時々はっとする様な色味の美しさを感じる。しかしRAWをライトルームに取り込んでみると、M10液晶で見た時ほどの感動が薄い。液晶はM10が一時的に生成したjpgを表示しているのだが(多分)、RAWはそれとちょっと色が違うのだ。 Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/250, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro. 特に人肌はjpgの方が自然で、RAWは暖色系に転びすぎる傾向にある様だ。M…