Philippines

現代デジタル・ライカで速射性を考える

Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/2.0, 1/90, ISO 100) ©2018 Saw Ichiro. クラシック・ライカの速射性は以前、アンリ・カルティエ・ブレッソンの「晴れた日はシャッタースピード1/125s、絞りf8、距離は10feet(5m)に固定」していた逸話から考察してみたが、露出計が内蔵されている現代のデジタル・ライカで、最も合理的な方法とは何かを考えてみた。 ブレッソンがf8、1/125sとしたのは、f8ありきで1/125sが決まったと僕は考えている。マニュアル露出は絞りで行う方が速いため、SSダイヤルは1/125s固定。f8は彼のエルマー5cm f3.5の絞りのちょうど中間地点であり、f8で待機していれば絞りだけで明暗二段づつのマージンが取れるからだ。 f4〜f16をどれか選べと言われると、やたら選択肢が多く難しそうに感じるが、f8を中心として、太陽方向にカメラ向けるなら4クリック左に回し、日陰に向けるなら4クリック分右に回す。(半段刻みの現行レンズの場合。クラシック・ライカレンズはもっとシンプルに一段刻みだ。)ちょっと開けるか絞るか、もっと開けるか絞るかと考えると、とたんに簡単になってくる。ストリートにおいてf5.6とf8.0の被写界深度の違いなどどうでも良く、露出と速射性だけを求めた非常にシンプルな理論であった気がするのだ。 この仮説が正しいとしたら、これこそマニュアルの速射性において最も合理的な解だし、被写界深度的にもピントを外すリスクを軽減できる。しかし、このやり方だと特に現代のアスフェリカル・レンズでは全面がバキバキに解像してしまい、立体感や柔らかさと言った表現とは少し違ったものになる。 ズミルックスの開放、つまりf1.4は被写界深度が浅いのでストリートではピントを外すリスクは高いが、しかし狙った所にドンピシャでピンが来た時の猛烈なシャープネスとフワトロが3Dで共存する美しさには、代えがたい独特の魅力があるのも事実。三振覚悟でホームラン狙いの長嶋茂雄打法と言うべきか。 そこで僕は必殺技を考案した。「絞り回し上げ」ww、もしくはAutomatic Aperture Rotation, 略して「AAR」だ(笑)名前はなんでもいいが、とにかくライカ本来の速射性とズミルックス開放の美味しい所を、瞬時に切り替えながら両方得ようという作戦だ。 昼間野外の場合。まず、SSダイヤルは「A(オート)」に固定。つまり絞り優先。絞りの初期設定は開放。ISOもAuto。 普段はゆっくり開放のふんわり描写を楽しむ。そして、例えばこちらに向かって走ってくる子供など、精密なピント合わせが不可能な被写体をみつけたら、絞り回し上げの出番だ。 カメラを下ろしている状態で左手で絞りリングを掴む。この時親指をレンズの頂点、人差し指をレンズの下側を支える様に掴む。(親指と人差し指が垂直)そのまま流れにまかせて絞りリングを左に回しながら、顔の前にライカを右手で持ち上げ、親指と人差し指が水平になる時、自然とf8付近にセットされる技を会得した。(と言っても2,3回やってみただけだがw) これで絞りの目視無しでズミルックスを開放からf8辺りに瞬時にセット出来る。タイムラグほぼゼロ。あとは通常通り、ピントリングに持ち替えて、被写界深度がカバーしてくれる事を期待して、ピントはラフで撮る。撮り終わったら開放に戻す。 結局シャッタースピードAutoに頼る訳だが、この方法の最大のメリットは、絞り開放の風合いと速射性の共存が、速攻で絞りをクルっと適当に回すだけという点に尽きる。絞りを変更した分のSSダイヤル補正を手動でやっていたらシャッターチャンスを逃すので、やはりオートに勝手にやってもらえる方が都合がいい。 ISOまでオートにする理由は、うっかり絞りを適当に回しすぎた場合、ISO100固定だとシャッタースピードAが1/60sを切ってしまう可能性があるからだ。普通はISO100、F8なら日向なら1/125sを切らないはずだが、勢いでF11とかに達して、かつ日陰にカメラを向けて撮ってみたら1/30s以下でチャンスを逃しちゃった、という事故をISO…

Gallery – Philippinesを公開

マニラのストリート・チルドレン。Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/500, ISO 100) ©2018 Saw Ichiro. 2月4日〜9日まで、ちょっとした用事でフィリピン・バギオに訪れた。僕にとって初めてのフィリピンだ。毎日写真三昧、久しぶりに気の済むまでカメラと写真を楽しめた。僕にとってこれが今は何よりもストレス解消だ。 マニラでは多くのストリート・チルドレンを見かけた。恐らく彼らは教育も無ければ、まともな家も無いかもしれない。けれども決して彼らは不幸せには見えなかった。むしろ生き生きと目が輝いているのが印象に残った。 持っていったのはもちろんM10とズミルックス50 asph、それとズマロン35mmを一応バックに忍ばせていった。しかし出歩く時はバックもホテルに置きっぱなしで、M10ホルスターのみの軽装だったので、ほとんど全てズミルックス一本だ。 フィリピンの特に気に入った所は、人々がカメラを向けられるのを全く嫌がらない事だ。最初は一応、写真撮ってもいいですか?と訪ねていたが、老若男女、一人たりとも断る人は居ない。 途中から尋ねる事も面倒になってきて、いきなり真正面からカメラを向け、あとでニコっと笑顔で"Thanks"でおわり。むしろそのまま話し込んでローカル・コミュニケーションを楽しめるし、周囲の人までフレームに入りたがるほどだった。日本ではほとんど変態扱いされる事すらあるのにw。これならスナップが苦手な僕でも、遠慮なく撮れる(笑)フィリピンはストリート・スナップ天国だった。 僕の中で今回の旅はちょっと特別で、他の写真とは分けて考えたかった事もあり、写真ギャラリーなるものを初めて作ってみた。2000枚ほど撮った中から69枚を選んだ。たくさんあるが全画面表示でお手元のキーボードの左右矢印キーで移動出来るので、Wifi環境下なら比較的楽に進めると思う。是非ご覧頂ければ幸いです。   走り去る女。Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/4.0,…