フェルメール

最近出会った写真家と画集

今日はここ最近出会った写真家、最近買った画集を紹介しようと思う。 Sarah Moon どこまでも優しく、柔らかい陰影の世界。嗚呼、美しい、、、 冒頭のYoutubeを見ると必ずフィルムカメラが欲しくなるので閲覧注意!先日、彼女の個展を覗いて存在を知った。5月4日までやっている。動画の写真とは別のものだが、無料なので東京近県の人は是非訪れて欲しい。 sarah moon 巡りゆく日々 2018.4.4 WED - 5.4 FRI 12:00 - 19:30 無休 入場無料 シャネル銀座ビルディング4F http://chanelnexushall.jp/program/2018/dun-jour-a-lautre/   Pierre Bonnard / Painting Arcadia 写真では無いが、いつも構図の詰めが甘いとデザイナーの嫁から叱られ続けているので^_^、勉強のために絵画集ももっと積極的に見る事にした。 画集など買った事も無かったし、ナビ派、ポスト印象派等に今まで特段興味を抱いた事も無いほど、僕は絵画の世界に疎いのだが、まずはソールライターが生涯愛したと言われるボナールから選んでみた。 サイズも大きく立派な画集で、相当点数があり見応えがある。ソールライターのルーツは写真では無く、絵画にある事を実感出来る一冊だ。何気ない景色に目を向ける肩の力の抜けた感じ、被写体の手前に大きく何かを入れる手法や、端っこから覗き見する様な視点が、そのまんまだ^_^ 絵画の場合、構図が良くないという話題が相対的に少ないのは、「構図」とわざわざ意識せずとも書き始める最初からどう書きたいのか、何もかも一筆目から自分の意思が存在する。写真の場合は、我々一般人の構図がイマイチなのは、目の前の与えられた現状を受け入れる、一種の妥協的な受け身の姿勢で、取り敢えず撮ってしまうからだ。瞬間を捉えるため時間的な制約も厳しいし、撮る時は決まって慌てている。^_^ 写真で成功している人は、この受け身の妥協を許さない人、写真は自分の絵画である、自分の絵画の構図は自分で決めるという強い意思の人ではないかと思った。構図の勉強には絵画が欠かせない教材だ。…

フェルメールとLeica

真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)/ フェルメール フェルメールが残したとされる作品は、37点しか無いそうだ。しかもそれぞれが世界中の美術館に散らばっていて、本物を体系的に並べて見れるチャンスはまず難しいらしい。ちなみに僕はこの真珠の耳飾りの少女のみ、本物を見たことがある。以前、東京に来たことがあったが、その時も他の作品の展示が急遽中止されたと記憶している。 デルフトの眺望 / フェルメール 牛乳を注ぐ女 / フェルメール 鮮やかな発色、豊かな階調、立体的で緻密な写実的描写、それでいてどこか柔らかい質感。それって、ライカの描写を語る時のキーワードではないか。Leica M系の素晴らしい作例を見る時、僕はそこにフェルメールの世界観と似たものを感じるのだ。 天秤を持つ女 / フェルメール これなんか特に、ノクチルックスかズミルックス+M Typ240で撮った作品を連想させると感じるのは僕だけだろうか。一枚100億円を超える名画に向かってこんな事を書くと周囲から叱られそうだが、Leicaが考える「美」とは、とてもフェルメール的ではないか。 Må anvendes af Den Gamle By og for Den Gamle By. Al anden tredjeparts…