カラーチェッカーパスポート

助手席とM10、カラーチェッカーとFUJI

希望に向かって。横浜ベイブリッジよりLeica M10 + Leica Summaron-M 1:3.5/35 (ƒ/3.5, 1/350s, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro. 僕の個人的な2017年の流行語大賞は、迷いなくこれだった。 「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションである」 by アインシュタイン 今日は助手席だったので、移動中いつもの様にM10にSummaron 35mm f3.5を付けてずっと握っていた。握っていないと、あ、撮ってもいいかな、、と思った次の瞬間に、その光景は逃げ去ってしまう。ホルスターに入れていても間に合わない。 何を撮ると決めている訳では無い時、ズマロン35mmは僕にとって最高のレンズだ。クルマから何かを撮る限り、ピントリングを10mにセットしておけば、f3.5の場合、5m〜無限遠までカバーしてくれるので、ピントの事は忘れてOK。気になった方向に向け、ノーファインダーでとにかくシャッターだけ切ればいい。どんな高性能AFカメラより、旧態依然としたライカMの方が速いというパラドックス。 Leica M10 + Leica Summaron-M 1:3.5/35 (ƒ/3.5, 1/1000s, ISO…

まだM10の色の問題に困ってる

Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/60, ISO 200) ©2017 Saw Ichiro. 子供と近所のお祭りに行ってきた。子供が金魚をすくってきた。 Leica M10のオリジナルのM10プロファイルの発色は非常に素晴らしいものがあるが、暗がりの人肌の発色だけは非常に苦手だ。というか致命的に破綻する。グレーカードでホワイトバランスをきちんと取っても、白を白くするグレーカードだけでは、夜のM10の黄色の暴走を抑える事はできない。 これはM10内のソフトの問題だろうが、ここまで人肌が破綻するカメラも珍しい。しかし決して人肌が破綻しないカメラというのは、もしかしたら同時に相当安全マージンを高めにとった、彩度が低めのカメラとも言えるかもしれない。とにかくM10のシンプソンズ・カラーは、ファームウェアでなんとかしてもらいたい。 ちなみに彼女が手に持っているのは、Thorsten von Overgaard氏推奨のホワイトバランスカード。以前は無かったはずだが、日本のアマゾンで取扱いがあった。海外からの取り寄せになるが、価格も適正で二週間ほどで届いた。クレジットカードサイズなので財布などで持ち歩けるし、カラーチェッカーより手軽だ。18%グレーでは無い所がポイント。   Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4,…

Leicaの色と、キャリブレーション・プロファイル

Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/1.4, 1/30, ISO 400) ©2017 Saw Ichiro. プロでもなんでもない門外漢の僕が、カメラについて勝手に考察し、写真について公言するなどと言う事は誠に恥ずかしい行為であって、こんなブログは知人には決して知られたくない気持ちもあったりするが、しかしだからこそ、僕と同様にライカに迷い着いたばかりの人にとってちょっと面白い何かがあり得るかもしれないと、自分に言い聞かせたりする。 Leica M typ240のカメラ・キャリブレーション・プロファイル比較。デフォルトのAdobe StandardとEmbeddedの違い。 Adobe Standard Profile. Leica M typ 240 + Leica 35mm f/2…

ライカM10は極上だった

Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/8.0, 1/125, ISO 100) ©2017 Saw Ichiro. 僕は自分をアーティストだと思っていない。そうありたいという願望はあるが、Leicaがどうとかレンズがどうとか言ってるうちはダメだろう。 わ、凄い解像度!とか色味が美しい!とかカメラから出てくる絵に喜んでいるうちは、カメラの性能を楽しんでいる実験の領域だ。道具が手足となり、空気の様にカメラの存在を意識しなくなった時が、ようやくスタートラインではないかと思う。僕は昔から不器用で遠回りするタチだ。まあ気長にやろう。 かと言って道具はやはり、使い手自身を成長させてくれる。少なくとも、使い手の意識レベルに大きく影響する経験は、僕は今まで何度もある。 アルファロメオ・オーナーは納車された日から突然「アルフィスタ」になる。最初は照れや気負いがあっても、ピッカピカの真っ赤なクルマに一年も乗り降りするうちに、実に不思議なことに、着るものや考え方、時に立ち居姿まで、知らず知らずに少しづつ、それに見合う人になっていく。BMWやメルセデスも同様に、人間の方を変えてしまうほどに、モノ自体が「哲学」という強いオーラをまとっている。 ライカにもそんなオーラがある。僕に「写真」について真剣に考えさせてくれたのは、Leicaそのものだった。 元々僕は他人の作品にほとんど興味が無かったし、過去の偉大な先人から真摯に学ぶ気持ちすら起きない、怠惰な人間だった。しかし道具をじっくり眺めて、じっくり触って、考える。そんな時間が長いほど、カメラについて、写真についての思考が少しづつ深まっていく。 M10のRawとjpgを比較 今日はNissinストロボを使ってM10のRawとjpgを比較してみた。アマゾンから届いた中国製の安いソフトボックスを使用。ストロボはDi700Aを1灯のみ、面倒なので反射板も無し。ホワイトバランスは「フラッシュ」。 Leica M10 + Leica Summilux-M 1:1.4/50 ASPH. (ƒ/8.0,…