2018年2月20日 イチロー

Leicaに似合うレザー・カメラバッグ

皆さんはどんなカメラバッグをお使いだろうか。ソニーを使っていた頃は機能一点張りで、雨に濡れない、カメラを取り出しやすい、たくさん入るなどの理由で選んでいたが、ライカを所有する様になると、多少奮発してもそれ相応の美しい革バッグが欲しくなるから不思議だ。カメラとバッグは、どこかその精神がリンクするモノらしい。

ちなみに現在は、普段はM10ホルスター。しまう時は15インチMacBook Proも入るマンフロットのデカイやつをメインに持ち歩いているが、全体的にクタクタでそんなに気に入ってない(笑)アルティザン&アーティストWCAM-7500Nなども雨が降られても絶対に濡れなそうな造りで気になっていたのだが、今の趣向は「機能」よりも「素敵」な方に振れている。

フィリピンに行った時に少し探してみたが、これだ!!というモノは見つけられなかった。フィリピンでは時々とんでもないスコールが降るらしく、一瞬でバッグの中までビショビショになるらしい。やっぱり雨対策は大事か。

今日少しネットサーフィンしてみて、良さそうなレザーバッグ4社をメモ。いずれもLeica Mを収納するのに相応しい。さてどれに行こうか。

wotancraft

多分、台湾のメーカーだが、Youtubeでよく見るライカ使いのSteve Huff氏がいくつも動画をアップして絶賛してた。お金もらってんのかな?革が柔らかく、磁石でオープンした中にさらにジッパーが装備され、常に盗難防衛に気を配らなければならない海外渡航時には、一番安心かもしれない。造りもかなり良さそうだ。日本代理店はOriental-Hobbies

 

Oberwerth

ドイツの高級ハンドメイド。少々お高いがこれは美しい。ドイツのサーバーに日本からアクセスすると重い重い。しかしバッグ以前に写真が素晴らしく、写真が確実に商品価値を高めている。こういう商品は写真が全てだと思うのだが。雨の侵入を防ぐ工夫など要点をしっかり抑えている様だ。国内で実物を見れる場所がないかなあ。代理店はケンコー・トキナー オンラインショップ

 

株式会社Acru(アクリュ) 

やっとみつけたメイドイン・ジャパン。シンプルだしこの中では一番軽いかも?高解像度写真が無いのがちょっともったいない気もするが、こういう小規模感のあるクラフト・マンによる手作り製品が、僕は最も触手が動く。馬の革らしく、命に優劣は無いけれどもちょっと可哀想な気持ちに?ならなくもない。雨対策もシンプルながら万全。一番気になった「サビカM」が2月20日現在、Sold Out。残念。

 

ONA

海外メーカーかと思っていたらこちらも日本だった。(N.Y.のメーカーでした。国内代理店はイデアミクス。)ヨドバシでもアマゾンでも、どこへ行っても革製カメラバックを探すとONAが出てきて、日本の営業が行き渡っている。その分、その素敵なバッグ、どこのを使ってるの?!という感じにはならないかも^_^ 実際ヨドバシで見せてもらった事があるが、品質は確か。文句無くカッコよい。雨対策もなされているが、大雨だと隙間から流れ込むかも。(どれも大雨はNGか)かなり革が厚手でしっかりしており、保護製は高い分、やや重い印象を持った。インナーが赤いライカ用がある。

他にこれがオススメ!というのがあったら是非教えて下さい^_^。

 

(2018年2月21日追記)

ご親切に当ブログにTatsukiさんからオススメバッグの情報を頂きましたので追記です。感謝!ちなみに各ブランドの商品群の中で、ここで掲載している写真はどれもichiroの独断、勝手な好みで選んでいる^_^ ポイントは悪天候に有利な、入口を完全に上から覆うシンプルな蓋(カバーと呼ぶのか?)。天面にジッパーの無いモノを基準にしてみた。

それとこの機構には素晴らしい応用編がある。海外の人混みに紛れる時、バッグの表裏をひっくり返して肩に掛ければ、持ち主に気づかれずにそっと蓋を開けるのが実質不可能になり(自分でも開けない)これ以上シンプルで完璧な盗難防止システムは無いと思う。

FILSON

米国シアトルの高級ブランドFILSON。このモデルは特に蓋の隙間の雨対策は施されていないように見えるが、その分、シンプルに徹していて非常に美しい。元はカメラバッグという訳ではないので、お好みのクッションケースにLeicaを入れて使う所も通好み。現地価格で$725.00という事で、輸入したら10万円近く行くかも。切りっぱなしの革の上質なバッグって、ありそうで無い。いい革を厳選しているお値段なのだろう。こんなの買ったら一生モノだ。

日本代理店はOUTER LIMITS社だが、オンラインショップは見当たらない。他もこの革バッグの取扱いのある国内店舗を、残念ながら見つけられなかった。革製品だけでなくコットン製バッグなども充実している。他にMAGNUM PHOTOS (マグナムフォト) とのコラボ作品などもある。頑丈過ぎてやや重いらしいが。

革では無いが、個人的にこれがとても気になる。雨の点では無敵じゃないかな。それでいてデザインが秀逸。この記事が台無しになるが、これに決めてしまいそう(笑)

 

(2018年04月09日:追記)

 

pompidoo

フェイスブックのライカ先輩から教わった。ラトビア共和国製だそうだ。M用に作られているのでサイズピッタリ、M1台に交換レンズ2-3本は入るとの事。軽くて良いらしい。価格もリーズナブルでこれは良いかもしれない。国際配送も対応してくれる。

 

Bill Amberg Studio for Leica from Leica Camera UK on Vimeo.

こんな素敵なものも教えて頂いた。現在入手可能かどうかは不明。


先輩のお写真を借用、、

Fugee(藤井鞄)

日本製オーダーメイドカバン。エルメスもこのクオリティでは作れないと降参したという。本気の一生モノを求める方へ。