Photographer

Saw Ichiro

 

フォトグラファーとしてのプロフィールと言っても、特段書く事も無い(笑)かと言ってここを真っ黒にしておくのもどうかと思うので何か書いてみる。1974年東京生まれ、現、神奈川県葉山町の海辺在住。Canon、Pentax、Sigma、Sony、Fuji、それとハッセルブラッドとローライをほんのちょっと、程度のカメラ遍歴はある。2015年にLeica Summilux 50mm f1.4 1stとの運命の出会いがあり、2017年3月に初めてのLeicaボディ、M9-Pを衝動的に手にした。

それまでの写真に対する興味は一般的な趣味程度だったのが一転、ライカと出会う以前と以後では態度が180度変わってしまった。ライカを使いたくて写真を撮り、ライカが写真を教えてくれた。周囲が心配するほど写真に没頭し、2017年の夏にLeica M Typ240からM10に移行、2018年3月にLeica S-Eに移行して、いよいよ後戻り出来ない領域に足を踏み入れてしまった感もある。


このブログを始めたきっかけとなった、Leica M10。今は既に手元にないが今見ても本当に美しいカメラと思う。Leica S-E + Leica Summarit-S 70mm f/2.5 ASPH (ƒ/2.5, 1/350, ISO 100) ©2018 Saw Ichiro.

ライカを使う様になり明確に「人」を撮りたいと思うようになった。アーティスティック・プレゼンテーションとしてのポートレートを自分なりに模索中。今後はいきなり風景が撮りたくなるかもしれないが(笑)未来の事は誰にも分からない。

若い頃から一度何かにハマると不器用な脳の99.9%を投入してしまい、寝なくても食べなくても平気なタイプだった。没頭し過ぎて日常生活が破綻する悪癖のあるこの社会不適合なオタクを、どうにかして人類貢献に僅かでも役立てる道は無いものか。暗中模索した末に、音楽録音技師という本業に辿り着いた。幸運にも、オタクにはうってつけの職業だった。それから20年ほど生かして頂き、現在は南葉山で音楽スタジオを営む。音だけでなく、録音に訪れるアーティストの写真も撮らせて頂く事が日課になりつつある。(幸い、スタジオの中に白壁と黒壁がある^_^)


 

ライカの好きな所は、最高のモノを作りたいという強い「意思」を道具から感じれる事。商売より先に、目に見えない部分にまでコストと努力を惜しまない誠実な姿勢だ。技術者の端くれとして、モノ作りに関わる者としては、自分もそうありたいと常に願ってきたし、Leicaは相棒でもありライバルでもある。

このブログの副題に「Leicaのファインダーから、写真の世界を覗き見る」とした。きっかけはライカがもたらしてくれたが、それを通じて写真そのものに対して、自分なりに向き合って行きたいと思っている。でも自分が写真をやっている事、こんなブログを書いている事は、音楽関係者には一切内緒にしている。恥ずかしいから(笑)。基本的には音楽の自分と、写真の自分とは切り離して考えたいと今の所は思っているので、お互いにリンクもしていない。


現在、愛用のLeica S-E。

一人称を「僕」と表記し、自分はあくまで初心者であり、どこまでも素人であろうと戒めているし、常に成長曲線の最も急勾配の途上に居る事が理想的だと思っている。本来なら音楽の方が、写真よりはもうちょっと面白い記事も書けるのかもしれないが、ひとたびプロを自称してしまうと自分の場合、プライドばかり高くなってしまい、きっと読み手も書き手もお互いにつまらない気もする。

サーチエンジン対策も一切した事も無いし、もちろん宣伝した事も無いのだがお陰様で今では毎日300人、多い日には一日500名!を超える方がここを訪れて下さる様になった。現状でカメラ業界唯一?シンプルの美学を体現するLeicaは今、僕が思っている以上に注目されていると思う。基本的には自分の忘備録の様なものだが、このブログが何か少しでも誰かのお役に立ちたいという想いもある。今後共宜しくお願い申し上げます。

PS:いつも酒を呑みながら書いているため、嘘やいい加減な情報には十分ご注意下さい^_^。

ichiro
2018/05/14

現在の愛機:Leica中判デジタル S-E (Typ 006)、Summarit-S 70mm f2.5 のみ。^_^

欲しい機材:Leica Mのどれか。やっぱりMも必要と悟った。フィルムライカも何か一個欲しい。

最も好きなフォトグラファー:ソール・ライターアーノルド・ニューマンサラ・ムーンジョー・ビュイシンク

好きな言葉:常識とは18歳までに身に着けた偏見のコレクションである。by アインシュタイン

 

今更ながらインスタグラムを初めてみました。